テスターについて

PR
テスターについて

私が、最初に買ったテスターは、アナログの
マルチメーターでした。
今のテスターと違って、レンジの調整などが必要で、
最初は注意不足で、ヒューズを飛ばすこともよくありました。
不思議なことに、ある程度使い慣れてくると、
レンジを合わせるのも、間違うことは、ほとんどなくなり、
また、使用後もきちんと、OFF に合わせて
電池を無駄に消耗することも少なくなりました。

今は、マルチテスターは、デジタルのものを使ってます。
デジタルテスターを使わないと測定できないものもあり、
アナログのテスターでは、ちょっと不便になりました。
でも、一部の測定においては、逆にデジタルテスターでは、
測定できないものもあるため、滅多に使わないのですが、
アナログのテスターも、持っています。

デジタルテスターの場合、少しいいものになると、
レンジは、オートで合わせてくれます。
単位に関してもテスターに表示されるので、
とても便利です。
また、一定時間使用しなければ、電源もオートで、
OFF にしてくれます。
アナログのテスターに比べると、誤使用をした時の
耐久もあり、あまり壊れないのも嬉しいところです。
また、絶縁の測定などは、アナログのマルチメーターでは、
到底計測できないところの絶縁の測定も可能なものがあり、
メガテスターを使用する必要も少なくなる場合があります。

それでは、デジタルテスターの悪い所は、あるでしょうか?
利点が、逆に欠点になる場合もあって、
慣れないと、値の動きや大きさがわかり難い点です。
過去に、アナログのテスターをある程度使っていれば、
数値と、アナログの針の動きを対比させられるのですが、
最初からデジタルテスターしか使っていない場合には、
数値は数値としてしか認識できないため、
なかなか数値を実感できないのではないかと思います。

実は、私は数字に弱いほうですので、
デジタルテスターを持ち始めたばかりの頃は、
アナログテスターも一緒に持ち歩いて、
デジタルテスターで表意される数字と、
アナログテスターの針の動きを確かめていました。
しばらくすると、デジタルテスターのみでも、
問題なく使用できるようになりました。


今では、マルチメーターもデジタルのもののほうが、
多く販売されて、価格も安くなってきました。
最近になって修理を始められた方は、アナログのテスターを
見たことがない方もいるかもしれません。
でも、直感的に数値をつかむには、デジタルより、
アナログテスターのほうがわかりやすい場合もあります。
基礎的なことを知る意味では、アナログのテスターを、
使ってみるのもいいのではないでしょうか。

アナログテスター
 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク