厨房機器の中古品 1

PR


板金関係

厨房で使われる機器も中古のものも探せるようになっています。
中古品の いいところは新品と比べると手頃な価格で買えることが多い点でしょう。
ただし、新品も定価のままで売られていることは、ほとんどありません。
ものによっては、極端に値引きされて販売されているものもあります。
新品の定価と中古品の販売価格を比較するのは、間違いです。
新品の実際の販売価格と中古品の販売価格を比較しましょう。

さて、板金類の中古品に関してです。
作業台・シンク・棚類 などステンレスの板金製品は、
厨房内で多く使われています。
中古品も多く出回っています。
全体的に気をつけなくてはならない点は、寸法です。
厨房機器の間口は、規格製品の場合は、
間口 600・750・900・1200・1500・1800
奥行 450・600・750
高さ 800・850
テーブルタイプでは、上記の寸法のものが ほとんどです。
板金製品の場合は、加工が容易であるため規格外の寸法の製品も、
多く市場に並んでいます。
購入時には寸法を確認することが大切です。

作業台や、調理台の場合は、可動部も少なく、
水などで錆びていることも少ないのですが、
脚のアジャストが動かなくなっていると、厨房に合わせて
レベルを取ることができません。
パイプ脚用のアジャストなどは、部品として購入は可能ですが、
取替えを依頼すると、作業費が高くなってしまいます。
引出や、引戸などのついているものは、レールや扉の戸車、
引出の戸車などもチェックしましょう。
強力な洗剤を使って掃除されたものは、見えない部分の金属が、
劣化してしまったものもあります。

次にシンク類です。
これに関しても、寸法とアジャストなどの確認は必要です。
シンクの場合は、槽の部分は、ほとんど溶接作業で組立られています。
天板と槽の継ぎ目部分は溶接後に磨かれているため、
薄くなっている場合があります。
割れてしまうと修理はできない場合が多いので、
特に槽の大きいものを購入する場合は注意してください。
1槽で、900mm以上の間口のものは、注意したほうがいいでしょう。
槽の下に補強があるかどうかも、確認したほうがいいでしょう。
排水の部分の目皿や、トラップは交換可能ですが、
締め込みに特殊な道具が必要となる場合もあります。
排水の接続部は、40A(1 1/2")か、50A(2")のものが大半です。

棚などは、高さを変えるところを確認しましょう。
可変の部分が変えられないと、不便です。

炊飯台車や、洗米器の小型のものも、
ステンレスの板金製品ですが、
これらに関しては、新品の価格も高価なものではないため、
新品を検討したほうがしょう。


 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

関連記事

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク