種火が保持しない。ガス器具に多いトラブルの考え方。。

PR


種火が保持しない。
ガス器具に多いトラブルの考え方。。


サーモカップル(熱電対)による、安全装置を利用した、
ガス器具の修理の場合には、種火が保持しない場合が、
多くあります。
ガス器具の基本的な動作を知っていれば、
順序だてて原因を追究できますが、
最近の機器には、安全装置を2つ以上組み合わせた
ものも多く見かけられます。
ガス器具の修理で考えられるトラブルを、
簡単に説明します。


 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

サーモカップル(熱電対)を使った機械は、
電源を使用しない器具が多くなっています。
簡単に言えば、電気をコンセントから供給されていない
器具で、立ち消え時の安全装置のついているものは、
サーモカップルによる、立ち消え時のガス遮断装置が、
ついているものと考えていいでしょう。

サーモカップル(熱電対)による、立ち消え時のガス遮断装置に
ついては、以下のページを一読してください。

サーモカップル

業務用の機器では、炎が直接的に見える器具では、
安全装置が ついていない場合が多くあります。
たとえば、ガステーブルのトップバーナーなどの
場合ですが、この場合は、万一、炎が消えてしまっても、
ガス栓または、コックを閉じない限り、
ガスは流出してしまいます。
逆に、炎が直接適に見えない機器の場合は、
消防法などの関連で立ち消え時の安全装置がつけられます。
例としては、ガスフライヤーや、茹で麺器、
オーブンなどです。
赤外線バーナーを利用した機器の場合などには、
メインバーナーで、炎検知をする場合もありますが、
ほとんどの器具の場合は、種火を備えていて、
種火で炎を検知をしています。
このような器具の症例を考えてみましょう。
サーモカップル付きパイロットバーナー


種火(パイロットバーナー)には、さまざまな種類がありますが、
種火で炎検知をしている場合は、写真のように、
必ず近くに熱電対があります。
働きは、同じようなフレームセンサーと間違えないように、
注意が必要です。

種火を使って、炎検知をしている器具で、
種火が保持しない場合には、メインバーナーへの
点火ができなくなってしまいます。
実質的に使用不可能の状態です。

このような症状の場合には、必ず修理コールが入ります。
順序だてて考えてみましょう。

①種火は、点火するか?
まず種火が点火するかどうか?
たとえば、着火マンの炎を近づければ点火するようでしたら、
圧電系統の不良や、庫内の空気の対流など、
点火装置や周辺環境の不良です。
これについては、別項で考えましょう。
②点火しない場合
どうやっても、種火が点火しない場合。
手前にある、ヒューズコックや、中間コック、
ガスの元栓などを確認しましょう。
過昇防止装置などが、コックの手前に入っている場合もあります。
どこまで、ガスが流れているかを確認することが大切です。
コックまでガスが流れているのに、種火に点火しない場合は、
種火のノズルが詰まっていることが考えられます。
ガス種によりますが、種火のノズルは、細くなっています。
また、ガス圧は微弱なものですので、
水や、汚れによっても ふさがれてしまいます。
コック以降で、ガスの流れが悪くなっている場合は、
種火(パイロット)ノズルを掃除しましょう。
③種火は点火する場合。
サーモカップルによる安全装置を使っている場合には、
器具栓は、押し回し式のものが多くなります。
押している間は、種火が付いているが、離すと消える場合には、
コックに取り付けられたマグネットバルブの、
磁力が不足している場合が、ほとんどです。
原因としては、コックが、きちんと押されていない。
サーモカップルが消耗(焼損)して、
磁力を生み出す電流が作られていない。
種火が小さすぎて、サーモカップルが十分な熱起電流が出ない。
(種火が小さくてサーモカップルに当たっていない。)
過昇防止装置(ハイカットサーモ)などが、
サーモカップルと、マグネットバルブの間に組み込まれて、
電流を遮断している。

上記の場合が考えられます。
ただし、各バルブの動作は完全なON-OFFではなく、
流量が多い場合にのみ、完全に OFF となる場合もあるので、
注意が必要です。
修理依頼をする場合にも、症状を適切に伝えられれば、
不良箇所の特定も早くなります。
サーモカップル(熱電対)は、立ち消え時のガス遮断装置として
使われる場合には、完全に発電機として利用されています。
この場合は、どこで電気が遮断されているかと、
考えて遮断されている箇所を特定することが大切です。

サーモカップル事態は、消耗品ですので、
不良となった場合には交換が必要となりますが、
最近では、ガス器具のメーカーも、
サーモカップルを長時間機能させるべく、
様ような工夫をしています。
そのため、種火が小さくなった場合などには、
十分な熱起電流が得られなくなる場合も少なくありません。
また、多くの器具に過昇防止装置の取り付けが、
必要となってきましたが、この装置も、
ガスを遮断すれば機能するため、
マグネットバルブを閉じさせるために、
サーモカップルから、マグネットバルブまでの、
途中の配線に割り込ませているものも、
少なくありません。

多少、複雑になってきましたが、
個々の部品と その働きを理解すれば簡単です。
種火が保持しない=
サーモカップルの不良=×?○?

順序だてて考えれば、答えは簡単です。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク