厨房で使われる用語 ア行ーア

PR

厨房で使われる用語 ア行ーア


アーク溶接
アーク溶接とは電気の放電現象(アーク放電)を利用し、同じ金属同士をつなぎ合わせる溶接法。
母材と電極(溶接棒、溶接ワイヤ、TIGトーチなど)の間に発生させたアークによってもたらされる
高熱で母材および溶加材(溶接ワイヤ、溶接棒)を溶融させて分子原子レベルで融合一体化する
接合法であり接着とはまったく違う。
電気溶接とも言われることもあるが、これには抵抗溶接も含まれる。


アース
接地 接地工事には機器により規定があるが、厨房機器の場合は
機械に付属するアース線(緑が多い)を、接地極のついたコンセントに接続する。

接地極付コンセント

単相100V15A 接地極付コンセント。
アース線は、下のフタを開けて接続します。
単相200Vや、三相200Vの機械では、電源コードに、
アース線も含まれるものもあります。


Rバーガー
六本木交差点、東京ミッドタウン近くのハンバーガーショップ。
安心・健康・和・アジアをテーマにした日本オリジナルブランド。
Rは「Revolution」の頭文字。株式会社太魯閤が運営。

Rバーガー02logomark

Rバーガー


IH
電磁誘導加熱。Induction Heating。電磁調理器のこと。
最初は炊飯器でメジャーな言葉になったようです。


IHI
株式会社IHI、旧社名は、石川島播磨重工業株式会社。重工業を主体とする製造会社。
厨房に関るところでは食器洗浄機を古くから製造している。
IHI食器洗浄機996

株式会社IHI
食器洗浄機は、たまに見かけます。シンプルな作りです。
かなり古い機種も元気に働いている場合があります。


アイカフェ
アイ・カフェは株式会社アイ・カフェが展開する漫画・インターネットカフェチェーン。

アイカフェ201logo01

アイ・カフェ公式HP


愛工舎製作所
ベーカリー関係の総合メーカー。ミキサーが有名です。
デッキオーブンなどは輸入品を取り扱っているようです。
愛工舎ミキサーマイティー8569887456213658

愛工舎製作所


アイスクラッシャー
氷を砕く機械。中部コーポレーションの機器が有名。

アイスクラッシャー

電動式のアイスクラッシャーです。
小型のものだと、手動式のものもあります。
製氷機のストッカー部の上に備え付けるクラッシャーもあります。


アイスクリーマー
アイスクリーム製造機 冷却しながら攪拌してハードアイスクリームを製造する。
アイスクリームフリーザーとも言われます。

アイスクリーマー小型1


小型のアイスクリーマーです。攪拌する羽根が見えます。
大型のものもあります。原料の調整・保存のための専用の機器もあります。


アイスクリームストッカー
アイスクリームを溶けないように貯蔵する機械。
アイスクリームは-18℃以下で保存しないと変質するため
霜取は装備されていない場合が多い。

アイスクリームストッカー


国内では、サンヨー、サンデン の製品が多く出回っています。
収容される量も、リッター単位ではなくコート数で表される場合もあります。


アイスクリームフリーザー
アイスクリーム製造機 冷却しながら攪拌してハードアイスクリームを製造する。


アイススライサー
カキ氷を作る機械。キューブアイス用や、ブロックアイス用などもある。
こちらも中部コーポレーションの機械が多く使われている。

アイススライサーキューブアイス用


ブロックアイス用のスライサーは大型のものになります。
ちなみに、氷の一貫目とは、3.75kgの氷です。
昔の人は、kgでは表さないので注意!


アイスディスペンサ
氷と水を同時に出すことのできるディスペンサー付の製氷機。

チップアイスディスペンサ78ホシザキ

ホシザキ製チップアイスディスペンサです。
機械を開けると回路図は、かなり親切に書かれていて嬉しいのですが、
ギヤードモーターのサーマルのリセット位置がわかり難い気がします。
このタイプのディスペンサは、毎日、使用後はストッカーを空にしましょう。
ストッカーの中の氷が固まると、オーガーを回すモーターに負担がかかります。


アイスピック
アイスピックは氷を割るための調理器具。
主としてカクテル、オン・ザ・ロックなど酒やジュースなど
飲み物に入れるための氷やクラッシュドアイスを作るために使う。

アイスピック7775

このタイプのようなオーソドックスなものが使いやすいでしょう。
私は、手鉤で割っちゃいます。


アイスビン
氷を取り出しやすい状態で保存する断熱付の箱。

アイスビン01


写真のような箱をテーブルなどに埋め込んで使用します。
お冷や、ジュースのサービスなど飲み物のサービスによく利用されます。
ファミリーレストランのドリンクバーにもよく設置されています。


アイスベッド
氷を下に敷いて商品を冷やした状態で陳列します。炉端焼きのお店などで見かけます。
氷は冷えすぎないので商品を傷めにくい上に、乾燥も少し防いでくれます。
チップアイスや、フレークアイスを利用することが多い。


アイスメーカー
製氷機 国内では、ホシザキ・サンヨー・大和冷機・福島工業などが製造。
産業用の大型機器は他にも製造メーカーが存在している。

製氷機01


製氷機で作る氷は、主にキューブアイス・フレークアイス・チップアイスなどですが、
同じキューブアイスにも、いくつかの製氷方式があります。
国内の製氷機で最も歴史があるのは、ホシザキです。
業務用として厨房で使われる製氷機は、1日当たりの生産能力が、
約20kg~460kg程度のものが多いようです。

参考
製氷機 プレート方式
製氷機セル方式


アイセック
イセキのシステム炊飯器。クボタのライスロボとともに有名です。

アイセックシステム炊飯器8752


アイセック株式会社
参考
ライスロボ1
ライスロボ2

ライスロボという呼び名はクボタの機械につけられます。
イセキ、クボタともに農機具メーカーだけに米には詳しいようです。
日本だけの機械ですので、どんどん発展してほしいものです。


会津屋
会津屋(あいづや)は、たこ焼きの元祖と言われている大阪市西成区玉出にある飲食店。
創業者の遠藤留吉が1933年(昭和8年)に、ラジオ焼きに牛肉やこんにゃくを入れて販売し
評判を呼ぶ。1935年(昭和10年)に明石焼きがタコを入れていたことから影響を受けて、
ラジオ焼きにタコを入れるようになったといわれる。名称もたこ焼きと呼ばれるようになった。
会津屋HP


AIHO
株式会社AIHO。業務用厨房機器総合メーカー。
食品加工、給食施設用の商品が多い。本社は、愛知県豊川市。
AIHO58top_18.gif

株式会社AIHO
大型の機械のメーカーです。食器洗浄機はコンベアー型のものが多くあります。


  アウトプット
ガス器具で、インプットに対して有効に利用された熱量。
インプット=アウトプット(kW/h)+損失熱量 となる。


赤火
ガス器具において、空気量が足りない時に炎の先端が赤くなる現象。
不完全燃焼となっているため、煤や一酸化炭素が発生する場合もある。

詳しくは、 『ガスバーナーの諸現象』 を参考にしてください。



和える
和える(あえる)は調理法の一つ。食材に調味料などを加えて混ぜることをいう。
材料は、熱いまたは温かいものは決して使用しない、
また、和える前に材料の水気を切るのが鉄則である。
なお、和え物は、伝統的な日本料理では、主菜になることはない。


赤火
ガス器具において、空気量が足りない時に炎の先端が赤くなる現象。
不完全燃焼となっているため、煤や一酸化炭素が発生する場合もある。
イエローチップとも言われます。


秋元ステンレス工業
秋元ステンレス工業株式会社。電気製品・ガス製品・作業機器のメーカー。
いろいろと工夫された商品を出している。
ホームページの製品を見ても店舗に合わせた柔軟な対応で商品を製作しているようです。

秋元ステンレス工業ビビンバガス台254

秋元ステンレス工業株式会社
ビビンバ用ガス台です。


アキュムレーター
冷凍サイクルで余分な冷媒を一時貯蔵するタンク。レシーバーとも呼ばれる。


あきんどスシロー
株式会社あきんどスシロー(英文商号:AKINDO SUSHIRO CO.,LTD.)は、
主に「大阪回転寿司・あきんど」と「大阪回転寿司・スシロー」の二つのブランドで、
回転寿司をチェーン展開する、東証二部上場企業である。
大阪府吹田市(登記上は大阪府摂津市)に本社を置き、近畿、中部、関東を中心に
207店舗を展開する(2007年5月末現在)。
株式会社あきんどスシローHP


アクシアインターナショナル
アクシア インターナショナル株式会社 AXIA INTERNATIONAL CO., LTD. 
フードサービス機器の輸入販売の会社。
ヒートランプウォーマーや、ジュースディスペンサ、スニーズガードなど。
アクシア インターナショナル株式会社


アクチュエータ
アクチュエータ(Actuator)は、入力されたエネルギーを物理運動量に変換するものであり、
機械・電気回路を構成する機械要素である。


アクリル樹脂
アクリル樹脂(アクリルじゅし、英語 acrylic resin)とは、
アクリル酸エステルあるいはメタクリル酸エステルの重合体で、
透明性の高い非晶質の合成樹脂である。
厨房機器にも使われている場合があります。
水槽では、よく使われています。


揚物器
フライヤーのことです。揚物器と言うことは、ほとんどありません。


揚げる
油を加熱して、その油の中に食品を入れて加熱する調理方法。


あさひかわラーメン村
あさひかわラーメン村とは、北海道の旭川市永山地区にあるフードテーマパーク。
他のラーメンテーマパークと異なり、地元の旭川ラーメン店で構成されていることが特徴。
あさひかわラーメン村87title31

あさひかわラーメン村HP


アサヒサンレッド
グリラーを中心とした焼物器などのメーカー。
焼き芋用「いもランド」は、いろいろなところで見かけます。魚焼器もメジャーです。
本社は、東京都台東区。

いもランド

株式会社 アサヒサンレッド
これが、いもランドです。焼き芋や、焼とうもろこしが作れます。
のぼり旗や、ディスプレーを装着すると、にぎやかです。


アサヒ装設
HI-COOKの商標。連続焼物器や連続フライヤーなどが有名。
給食設備や食品加工施設でよく見かけます。
アサヒそうせつLogo8956324

アサヒ装設


アジテータ
1.オーガー式(円筒内面方式)の製氷機のオーガー上部の部品。
2.アジテーター【agitator】攪拌機(かくはんき)。かきまぜる装置。


アストラ
株式会社アストラ 業務用果物野菜皮むき機 柿用ヘタ取り機を作っているメーカーのようです。
2008年度のホテレスに出品されていたようです。
専用の機械で小型の物は少ないので、おもしろそうです。

株式会社アストラ
HPに動画があるので、アクセスしてみてください。


アスペクト比
長方形の厨房レイアウトで、長い1辺と短い1辺の比率。
アスペクト比 1:1.5 などと表される。


アスベスト
石綿(いしわた、せきめん)のこと。蛇紋石や角閃石が繊維状に変形した天然の鉱石のこと。
蛇紋石系(クリソタイル)と角閃石系(クロシドライト、アモサイトなど)に大別される。
石綿の繊維1本の細さは大体髪の毛の5,000分の1程度の細さである。
別名をアスベスト (asbest) と言う。耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に
非常に優れ安価であるため、日本では「奇跡の鉱物」などと珍重され、建設資材、電気製品、
自動車、家庭用品等、様々な用途に広く使用されてきた。
しかし、空中に飛散した石綿繊維を肺に吸入すると約20年から40年の潜伏期間を経た後に
肺がんや中皮腫の病気を引き起こす確率が高いため、
2006年現在では「静かな時限爆弾」などと世間からおそれられている。


圧縮機
コンプレッサー。厨房に関連するものは冷凍機の圧縮機。

参考
冷凍サイクル


Assy
ASSY(アッシー)とは、パーツ単体ではなく複数が組み合わされた構成部品(ユニット)を指す言葉。
「assembly(アッセンブリー)」の略語であり、ASSYの読み方は
前述のアッシー以外に、アッセン、アッセンブリーなど、多岐に渡る。


アッセンブリー
複数の部品が組み合わされた集合部品のこと。 → ASSY


圧着
電気配線の接続で、圧着端子を用いて接続する方法。
配線に合った端子、工具を用いて確実に接続する必要がある。

圧着工具


圧着工具には、圧着端子や接続子に応じて種類があるので、
使用前に十分に確認しておきましょう。
細いヨリ線を圧着する場合には、配線が切れないように、
特に注意が必要です。また、絶縁にも配慮が必要です。


圧着端子
圧着端子(あっちゃくたんし en:solderless terminal)とは電線端末に取り付ける
接続端子のひとつで、電線と端子に物理的圧力をかけることにより固着させることから
この名称がある。本来、はんだ付けしていたものを、作業性改善の目的で置き換えたものであり、
英語では "solderless terminal" (solder ははんだの意味)という。
圧着端子にはその形状等によりいくつかの種類があるが、
いずれも圧着工具によって電線と強固に固定されるものであり、
端子先端は電気設備の端子盤にネジ止めするようになっているものが多い。
ニチフ端子工業
日本圧着端子製造(日圧)
大同端子製造(DST)


圧電素子
圧電素子(あつでんそし)とは、圧電体に加えられた力を電圧に変換する、
あるいは電圧を力に変換する、圧電効果を利用した受動素子でピエゾ素子ともいわれる。
点火装置 ライター、ガス器具など、高圧放電を用いて点火を行う用途に、
圧電素子が使われている。バネ、ラチェットなどの機構により、
瞬間的に大きな衝撃が加えられ、放電に十分な電圧が得られるよう工夫がされている。


圧電着火
ガス器具の点火方法のひとつ。石とバネを使って、
高圧の電気を発生させて点火させる。原理がガスライターと同じ。
圧電点火方式とも言われる。


圧電点火
圧電着火と同じ。


圧力
パスカルまたはニュートン毎平方メートルで計量される。
1平方メートルにつき1ニュートンの圧力。


圧力スイッチ
流体の圧力を測定して一定の値になると信号を出す装置。冷凍機で使われています。
ガス器具でも一次ガス圧を測定するために取り付けられているものもあります。

サギノミヤ圧力スイッチ7844

冷凍機に使われる圧力スイッチです。


圧力鍋
圧力鍋(あつりょくなべ)とは、空気や液体が逃げないように密封した容器を加熱し、
大気圧以上の圧力を加えて、封入した液体の沸点を高めることで、
食材を通常より高い温度と圧力の下で、比較的短時間でより美味しく調理するための
調理器具である。鍋の一種であるが圧力釜(あつりょくがま)とも呼ばれる。
圧力調整には通常金属製の錘などが使われることが多い。
加圧源の殆どに水の蒸気圧を利用するため、水分を伴わない調理には向かない。


圧力比
冷凍機で、圧縮機の高圧と低圧の比を表す。
圧縮機が冷媒を何倍に圧縮しているかを表し圧縮機の負荷を知るおよその目安となる。


圧力フライヤー
プレッシャーフライヤー。食品から出る水分や水蒸気の流出をおさえて、
一定の圧力になるまで放出させないようにする。
圧力がかかると比較的低温で加熱でき、熱の通りがよくなるため
ボリュームのある食品の加熱に使われる。

圧力フライヤー001


国内製品は、見かけることがありません。
フライヤーの上にフタがついているような形です。
ケンタッキーフライドチキンなどで、多く導入・使用されているようです。


アナログ
アナログはデジタルに対応する言葉で、連続した量(たとえば時間)を
他の連続した量(たとえば角度)で表示すること。「アナログ」とは類似・相似を意味する。


アナログ回路
アナログ回路(アナログかいろ)は、アナログ電気信号を取り扱う電子回路である。
アナログとは、連続した入力信号の変化に対して出力信号の状態も
連続的に変化する回路である。連続した入力信号の変化に対して、
有限個の出力信号の状態しか認めない回路はデジタル回路と呼ぶ。


アナログテスター
アナログの回路計のこと。回路計(かいろけい)は、ロータリー(ダイヤル)スイッチや
スライドスイッチ、また近年はまず見かけなくなったがプラグなどによって内部の
計測回路を切り替えることによって、直流および交流の電圧・電流など、
複数の事象を広範囲にわたって計測できる保守点検用電気計測器である。
回路計は JIS C1202 によって規格が定められている。
マルチメータやテスター、回路試験器(かいろしけんき)ともいう。
指針でアナログ表示するアナログマルチメータと、アナログ-デジタル変換して
モニタに数字で表示するデジタルマルチメータがある。


アナログマルチメーター
アナログテスターとも呼ばれる。広範囲の直流電圧、直流電流、交流電圧、
電気抵抗の測定が可能である。高級機種では、交流電流、
トランジスタの電流増幅率、コンデンサの静電容量、温度などが測定できるものもある。


アニール
焼きなましのこと。焼きなまし(やきなまし、annealing、「焼き鈍し」「焼鈍(しょうどん)」とも)とは、
加工硬化による内部のひずみを取り除き、組織を軟化させ、展延性を向上させる熱処理である。


アフターサービス
アフターサービス(after service)は和製英語で、英語ではcustomer service, user support, 
または単にserviceという。



油(あぶら、ゆ)とは動物や植物、鉱物などからとれる水と混じらない可燃性の物質。
常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがある。


油缶
フライヤーなどで、油を受ける容器。


油そば
油そば(あぶらそば)とはスープのないラーメンの一種である。
どんぶりの底にわずかに入った醤油やラードの入った濃いタレに、
ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、茹で上げた麺全体に絡めて食べる。
具はシンプルでメンマ、チャーシューなど少量。店によっては油そばではなく、
「もんじゃそば」、「手抜きそば」、「あぶらーめん」などと称しているところもある。
1958年に東京都武蔵野市境の亜細亜大学そばにあるラーメン店珍々亭で誕生したというのが
通説であるが、他にも東京都小金井市の東小金井駅前にある宝華、
東京都国立市の一橋大学そばにある三幸を発祥とする説もある。
吉祥寺駅近くには「ぶぶか」という行列店も存在するが、どの説にせよ東京の多摩地域、
その中でも北多摩地域を発祥とする麺料理であると言える。
また、その食べ方から中国料理の拌麺(ばんめん)を参考にしている可能性がある。


油びき
鉄板を錆びさせないために、掃除や洗浄後に油を塗っておくこと。
グリドルやロストルなどでは必須の作業。


あぶらむし
ゴキブリのこと。厨房内に発生する。
業務用厨房器具に発生するゴキブリは、チャバネ・ゴキブリと呼ばれる
茶色の小さなゴキブリが多い。
チャバネゴキブリは、寒さに弱く20℃以下では活動を停止するため
暖かい所を好んで住みつく。
チャバネゴキブリを別名で、『業務用ゴキブリ』と呼ぶ人もいる?


アボガドロの法則
「すべての気体は、同温、同圧において同体積中には同数の分子を含む。」との法則。


あみやき亭
株式会社あみやき亭(かぶしきがいしゃあみやきてい)は、愛知県春日井市に本部がある
焼肉レストランチェーン店。店舗は、あみやき亭 元祖やきとり家美濃路。
あみやき亭HP


アメリカンコーヒー
アメリカン・コーヒーとは、1966年設立された(株)日本珈琲販売共同機構を本部とする
珈琲専門店フランチャイズ『コーヒーハウス・ぽえむ』が日本(世界的にも)で初めて
メニューとして登場させたものである。
第二次世界大戦後のアメリカにおける一般的な焙煎度合いを日本で再現したもので、
正式名称は『アメリカン・ロースト・コーヒー』と呼ぶ。
この名称は世界基準となる珈琲鑑定士用語には存在しないものである。
日本においては、通常のコーヒーをお湯割りにしたものを『アメリカン・コーヒー』と
認識している人達が多く、間違いが常識化しているのが事実である。
本来のアメリカンコーヒーは、浅煎りのため、苦味よりも酸味が強いのが特色である。
しかしながら、現在のアメリカではスターバックスに代表されるシアトル系コーヒーの
台頭などにより、昔日のような薄く軽い味わいのコーヒーを供する店は減少しつつある。
現在のアメリカン・コーヒーの認識 基準となるコーヒーの量をお湯で更に割って
ボリュームを増やして、カップも大きめにした飲み物。
かつてアメリカでは浅煎りの豆を用いた薄いコーヒーが好まれたため、
薄いコーヒーや薄めたコーヒーの代名詞として用いられるようになった。
ボリュームを重視した飲み物といえるが、コーヒーの持つ苦味や香りを抑えたことで
コーヒー嫌いな人にも好まれる傾向がある。
一般的に砂糖やクリームを加えない、ブラックコーヒーと呼ばれる状態で飲用される。


アメリカンドッグ
アメリカンドッグはソーセージ(または魚肉ソーセージ)に串を刺して
ホットケーキミックスなどの衣をつけて油で揚げた食品の日本における名称。
北海道の一部ではフレンチドッグと称して他の地方と異なった食べ方をする。
日本では衣の材料としてホットケーキミックスが用いられることが多いが、
アメリカンドッグ発祥の国であるアメリカ合衆国ではコーンミール(トウモロコシの粉)を
原料としたコーンブレッドの生地が使われるため、コーンドッグと呼ばれている。


アルカリイオン水
電解水。アルカリイオン水は主として飲料水と料理に使用される。
水道水に比べて食材に浸透する度合が大きいため時間短縮や、
調理品の質の向上などの作用がある。


アルコール
お酒。消毒用の液体を指す場合もある。


アルタンスプレー
有名な除菌用スプレー。アルコールスプレーを指すことが多い。
ソフトクリームフリーザーの洗浄用や、他 洗浄・除菌用に広く使われている。
アルタンは、メーカー名。

アルタンスプレー001



アルデンテ
アルデンテ(イタリア語:al dente)とは、スパゲッティなどのパスタを茹でるときの
理想的な茹で上がり状態の目安とされる表現。麺が完全に茹で上がらずに
麺の中心が髪の毛の細さ程度の芯を残して茹であげることをいう。
"al dente" を直訳すると「歯に~」であり、茹で上がりの「歯ごたえのある状態」を示す用語。
パスタ以外にも、野菜やリゾットなどの茹で上がり状態を表現する際にも用いる。


アルミテープ
アルミ製のテープです。ダクトの配管などに使われます。
厨房に一本備えておけば隙間を埋めるテープとしても使えます。
また、応急処置にも役立つので修理に関る人も一本持っておくと便利です。

アルミテープ87952



アルミフィンクリーナー
主に冷凍機のフィン系用の洗剤。凝縮器や冷却器のフィンの洗浄に使う。
いろいろなものがあるが、中和剤や十分なすすぎが必要なものが多いので、
説明書をよく読んで使いましょう。
アルミフィンクリーナー

ショーワ
写真のアルミフィンクリーナーは、6本セットでカタログ価格 8,700円です。
(株式会社ESCOのカタログ価格2008年3月現在)
参考
冷蔵庫の凝縮器洗浄


泡立て器
泡立て器(あわだてき)は、食材を泡立てたり混ぜ合わせるときに用る調理器具である。
卵白を泡立てメレンゲを作ったり、クリームを泡立てホイップクリームを作るなどの調理に使われる。
また、小麦粉を水や溶き卵に混ぜ込む際などの攪拌にも使われる。
手動のものと商用電源を用いる電動のものが存在する。


アングル
厨房で使われるのは、ステンレスアングル。材質、厚み、幅によって区分される。
材質はSUS304か、SUS430が多く使われる。
厚さは、2mm~3mm。幅は30mm~40mm程度が一般的に使われる。
脚材などで以前は多く使われていた。最近はパイプが使われることが多くなってきた。


アングル脚
作業台・シンクなどの器具の脚の種類。一般的にはステンレスアングル材で作られたもの。
最近のメーカー製の規格品は、パイプ脚のものが ほとんどになっている。

アングル脚



安全装置
安全装置(あんぜんそうち)とは機械・車両などに備えられた、
誤操作や故障による事故の発生を予防するための仕組みである。


安全ブレーカー
配線用遮断器。配線用遮断器(はいせんようしゃだんき、Molded Case Circuit Breakerを
略してMCCB、MCBやブレーカーとも言う)は、過負荷や短絡などの要因で二次側の回路
(負荷、電路)に異常な電流が流れたときに電路を開放し、
一次側からの電源供給を遮断することにより負荷回路や
電線を損傷から回避するために用いる装置である。


安全弁
一定の圧力を越えると、自動的に弁が開いて流体を放出し、
圧力が下がると自然に吹きとまるもの。ボイラーなどに使われる。

安全弁


写真以外にも、いろいろな形状、大きさのものがあります。


安全率
安全率(あんぜんりつ、safety factor)とは、部材が破壊・変形しない応力(許容応力)と、
それが破壊・変形する応力(極限応力)との比である。


アンダーカウンタータイプ
台下に組み込んで使用するタイプの機械。
アンダーカウンタータイプ食器洗浄機や、製氷機、冷蔵庫(コールドテーブル)などがある。
高さは800mm~850mmで、天板上で作業ができるように作られている。


安定器
蛍光ランプを点灯させるために必要なもので、ランプ電流を制限して放電の安定性を
確保することと、ランプの始動を助ける働きをしている。
周波数によって配線を変える必要のある場合もある。
ショーケースの蛍光灯がちらつく場合などには確認しましょう。


AND回路
電気回路。スイッチを直列に組合わせたもので順に全ての組合わされた
スイッチが入らないと動作しない回路。逆はOR回路。


アンナカニッセイ
アンナカ株式会社 もともとは、コンデンサーや電気配線の会社。
電気厨房器具もアンナカニッセイの商標で扱っている。タオルポットはタイジと並んで有名。
アンナカ株式会社


アンプ
増幅器 an amplifier


アンペア(A)
電流を表す単位。


アンペアブレーカー
アンペアブレーカーは、電力会社と家庭の契約アンペア値を超える電流が家庭に流れた時に
電気の供給を自動的に止める装置。一般的には玄関や廊下などに設置される
家庭用分電盤の左側に取り付けられる。正式には電流制限器のことで、
リミッタやサービスブレーカーと呼ばれる事もある。
各家庭の電気回路を開閉するスイッチの役割を果たす。アンペアブレーカーと呼ばれる事から、
漏電ブレーカーや安全ブレーカーと同種の装置と受取られることがあるが、
これらとは異種の装置である。
電力会社によっては、アンペアブレーカーを取り付けない会社もある。

アンペアブレーカー30A




出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク