厨房で使われる用語 ア行ーウ

PR

厨房で使われる用語 ア行ーウ


ウインターハルター
食器洗浄機を製造販売しているドイツのメーカー。
国内では、ウインターハルタージャパンで販売されています。
グラス用、食器用、器具用など洗浄機にも多くのバリエーションがあります。

ウインターハルタードアタイプGS502ttyu

株式会社ウインターハルタージャパン
ソイルドシンクにプレリンスシャワーが備えられているところが外国風です。


ウエットクッキング
湿り加熱。
具体的には、1.ボイリング 2.スチーミング 3.ブレイジング 4.シーマリング を指す。


ウォーターオーブン
ウォーターオーブン (Water oven) とは、水を極度に加熱して
超高温の水蒸気「過熱水蒸気」に変え、食品を焼く事ができる調理器具である。
水蒸気の温度は家庭用製品では摂氏300度から350度となっている。
また、家庭用ではスペースの問題から電子レンジやオーブンの機能も併せて実装している。
水で焼くため、普通のオーブンに比べて油脂や塩分を削減でき、
ビタミンCの酸化を抑えることができる。
ホテルや飲食店などで使用されてきた業務用のものは以前から存在していたが、
家庭100V電源用としては2004年(平成16年)にシャープが開発し、
ヘルシオと銘打って販売したのが最初である。
他に家庭用においての後発品として、東芝「カロリエ」、日立「おいしさメドレー」「ヘルシーシェフ」、
松下「ビストロ」や三菱、三洋といった家電メーカー各社からも発売されている。
シャープは、電子レンジ、ウォーターオーブンと新しい調理機器の開発に熱心です。
マイクロウエーブ炊飯器も出しています。

ウォーターオーブンシャープヘルシオAX2000R875

シャープ株式会社
加熱蒸気を使った業務用の機械では、直本のものが多く使われています。
直本工業株式会社


ウォータークーラー
冷水機

ウォータークーラ



ウォータードリップ
コーヒーの濾過、水出し。専用の機材を用い水でコーヒーを抽出する方法。
点滴のように少しずつ水を落として抽出するため、1杯辺り8時間程度を目安とする。
抽出する器具もインテリアとして活用される。近年、安価な器具が登場し、
一般の家庭でも楽しめるまでになっている。
オランダ領時代のインドネシアで、ドリップ式では苦みが強く出てしまう
ロブスタ種のコーヒー豆を飲むために考案されたことからダッチコーヒーとも言う。
現在ではアラビカ種の豆にも用いており、繊細な風味を活かすための方法である。


ウォーターナイフ
洗浄機の機械的作用である洗浄力を表す言葉。
上下から噴射する水(洗浄水)のこと。
一般の食器洗浄機の噴射圧力は、約0.04Mpa程度。
高圧、超高圧のものは、20Mpa以上のものもある。

ウォーターナイフ001



ウォーターハンマー
給水圧力が高すぎる場合に起こる水撃現象。
減圧弁や、ショックレスである程度は防げる。

減圧弁001  水撃防止器



ウォーターフライヤー
ウォーターフライヤー株式会社。クリーンフライヤーとも言っています。
油の下のコールドゾーンに水を入れて、使います。本社は、東京都荒川区。

ウォーターフライヤー582456rtt

ウォーターフライヤー株式会社

参考
クリーンフライヤー


ウォーマー
湯煎によって食品を保温する装置。卓上のものやテーブル型のものがある。
食品を入れるためには主にホテルパンが使われる。

電気ウォーマー


過去に卓上電気ウォーマーの記事があります。
卓上電気ウォーマー


ウォーマーテーブル
甲板部に丸形か角形の規格サイズのポット(ホテルパンなど)を並べておき、
それらの底部が湯槽に浸ることで、サービス前のソースやガルニ類を
湯煎によって保温しておく熱器具。

ウォーマーテーブル



ウォーミングキャビネット
日本厨房工業会の分類では器具保温器に含まれる。
キャビネット形のディッシュウォーマー。サービス前の食器を保温しておく。
ただし、一般的には食品の保温用のホットショーケースを指している場合が多い。

ディッシュウォーマー



ウォーミングテーブル
日本厨房工業会の分類では器具保温器に含まれる。
テーブル形のディッシュウォーマー。サービス前の食器を保温しておく。


ウォームギヤ
ウォームギヤは、ねじ歯車(ウォーム)とそれに合うはす歯歯車(ウォームホィール)を
組み合わせた機構である。厨房機器では、回転釜やティルティングパンなどで使われています。

ウォームギヤ回転釜25847



ウォールマウント方式
器具を壁に掛けて取り付ける施工法。
脚がないことで、足元の完全オープン化と壁内配管により
無露出配管が実現でき清掃上、極めて有効になる。


ウォッシャー
洗浄機のこと。ディッシュ・ウォッシャーとも言われる。

ウォッシャー



ウォッペ指数

(WI)ガス発熱量をガス比重の平方根で割ったもの。
このWIは、供給ガスの圧力とバーナーのノズル径が一定の時、
ガス機器のインプットに比例している。
ガスの組成変化によりWIが大きくなればそれに比例して
ガス機器へのインプットは増加する。


渦電流
渦電流(うずでんりゅう)とは、金属板(アルミニウムなど)を強い磁界内で動かしたり、
金属板の近傍の磁界を急激に変化させた際に、電磁誘導効果により金属内で生じる
渦状の電流のことである。電磁調理器は、高周波の磁力線によって物体内に
渦電流を発生させ、この電流によるジュール熱を利用して加熱しています。


打ち抜きすのこ
作業台やシンクのスノコで、ステンレスの板を打ち抜いて作られたスノコ。
他にはチャンネルスノコがある。

ウチヌキスノコ



うどん
うどん(饂飩)とは、日本旧来の麺類のうち、小麦粉を原料とし、ある程度の太さ、
幅を持った麺を指す。乾麺については、日本農林規格(JAS)の『乾めん類品質表示基準』にて、
小麦粉に食塩と水を混ぜてよく練った生地を帯状に細く切って乾燥させる製法で
機械にて製造しているものは機械麺に分類し、長径が1.7mm以上に成形したものを
「うどん」としている。また、長径1.3mm以上~1.7mm未満に成形したものは「ひやむぎ」の
基準でもあるが、それを満たしている場合「細うどん」とも表示可能である。
また、手延べうどんについては『手延べ干しめんの日本農林規格』にて、
小麦粉に食塩と水を混ぜてよく練り、小麦粉やでん粉や食用油を塗ってから、
よりをかけながら引き伸ばして乾燥、熟成させる製法で長径1.7mm以上の丸棒状又は
帯状に成形したものが該当する。
中央アジア全域で広く食べられている手延べ麺「ラグマン」はうどんに類似している。


うどん釜
「うどん」用のゆで釜。ゆがき槽のことを、うどん釜という事もある。
ダシのポットの湯煎を備え付けたものもある。
一次釜用としては強力な火力を必要とすることが多い。
香川県では、さぬきうどん用として、特に高火力のものが出回っている。

うどん釜



ウノックス
FMIが販売しているスチームコンベクションオーブンとペーストリー&ベーカリーオーブン。

ウノックス002

FMI


うまい鮨勘
うまい鮨勘(-すしかん)は、株式会社アミノが経営する回転寿司、寿司料理店である。
うまい鮨勘HP


うま味調味料
うま味調味料(うまみちょうみりょう)は、うま味の元となる物質
(グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸)を精製した調味料のひとつ。
代表的なうま味調味料にグルタミン酸ナトリウムを主成分とする味の素がある。
製品は一般に結晶状の粉末として供給され、これを水やスープに溶かして使用する。
食品や料理に直接粉末をかけて使用することもある。
1970年代までは、公式な一般名称として「化学調味料」(かがくちょうみりょう)と呼ばれた。
複合調味料という言い方もする。


浦川トランス工業
浦川トランス工業株式会社(うらかわ-こうぎょうかぶしきがいしゃ)は、
大阪府茨木市にある変圧器などの製造会社である。
主に交流100V⇔200~240V変換を主とした、産業用機器向けの小型変圧器を製造している。
浦川トランス工業


裏モード
IC制御の機械で、通常の使用方法以外に、使用できるモードを裏モードと言います。
サービスマンのみが知っているモードの場合もあります。
外国製品では、特定の数字や、パスワードを入力することで裏モードに入れるものもあります。
エラーコードとともに知っていれば便利です。裏わざとも言われます。


ウレタンフォーム
発泡ポリウレタン。ウレタン樹脂に発泡剤を混ぜて作られています。
シーリング材、断熱材、充填剤として使われます。


うろこ取り機
その名のとおり魚のうろこを取る機械。愛媛県新居浜市の株式会社ホクト技研
「うろこ取り名人」が有名です。ホクト技研は、主要2部門を分社したため現在では
有限会社 名人工房で、「うろこ取り名人」は製造されています。

うろこ取り名人HOKUTOHS10Syttre

有限会社 名人工房
うろこ取り機以外にも、魚の下処理の機械があります。


雲形定規
雲形定規(くもがたじょうぎ、うんけいじょうぎ) は、曲線定規の一種。
雲のような形をしている定規。昔は製図用のドラフターの近くで必ず見かけるものでしたが、
最近はCADの普及でドラフター自体を見かけることが少なくなっています。
曲線を描くのに用いる定規です。

雲形定規マルス85247uui



運動エネルギー
運動している物体のもっているエネルギー。静止するまでの仕事の量で計る。


雲母
雲母(うんも、mica、マイカ)は、鉱物(ケイ酸塩鉱物)のグループ名。
きらら、きらとも呼ばれる。薄くはがれるのが特徴で、
外見上の色から白雲母、黒雲母、金雲母などに分類される。
電気を通しにくい性質を持ち、絶縁体として利用されている。
厨房機器では、ガス器具の燃焼の覗き窓として、よく使われています。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク