厨房で使われる用語 サ行ーシ

PR

厨房で使われる用語 サ行ーシ


次亜塩素酸
次亜塩素酸および次亜塩素酸の塩類は酸化剤、漂白剤、
外用殺菌剤、消毒剤として利用される。


次亜塩素酸ナトリウム
次亜塩素酸ソーダとも呼ばれる。強アルカリ性。希釈された水溶液は
アンチホルミンとも呼ばれる。塩素のような特異な臭気
(いわゆるプールの臭いや、漂白剤の臭いと言われる臭い)を有し、
酸化作用、漂白作用、殺菌作用がある。


シアトルズベストコーヒー
シアトルズベストコーヒー (Seattle's Best Coffee) は、
1968年にアメリカ合衆国ワシントン州ウィッビーアイランドで開業したコーヒーショップ。
1971年にシアトルのダウンタウンにコーヒーの小売店舗を開店して
シアトルのコーヒーブームの発展に重要な役割を果たした。
2003年、スターバックスに北米事業を買収される。
日本では、複数のフランチャイジーの会社が運営する形で、1999年上陸。
東日本では、三井物産系のボウリング場運営会社・日本ブランズウィックが、
1999年10月7日に1号店を東京・渋谷の道玄坂に出店。
西日本では、映像制作会社のミフネが、1999年10月29日に
1号店を大阪・梅田に出店。 
シアトルズベストコーヒーHP


CR
コンデンサと抵抗を使った接点保護回路、または接点保護のための部材。
サージキラーやスパークキラーと呼ばれているCR素子。

CR型ノイズ吸収部品


GHP
ガスヒートポンプ 厨房に関るものでは、ガスヒートポンプエアコンを指す場合が多い。
室外ユニットのコンプレッサをガスエンジンで動かすもの。


GL
地盤面 (ground level) 基点(Ground Line)


シーガルフォー
米国ゼネラルエコロジー社の浄水システムの名。 料理の鉄人でも使われていた。
信頼性の高い浄水機能で有名。
フィルターは、使っているうちに不純物で詰まってくると水が出なくなる。
フィルター交換を忘れて、浄水器が菌の巣にならないのもいいですね。

シーガルフォー0012
ゼネラルエコロジーHP


ジーゲル線
ガラス編組シリコンゴム被覆電線(ジーゲル電線)耐熱のシリコンゴムで絶縁。
強度を増すためガラス繊維で被覆されている。
ヒーターやハロゲンランプソケットの配線によく使われています。


シーケンサー
プログラマブルロジックコントローラのことを一般的にシーケンサと呼んでいます。
プログラマブルロジックコントローラ(programmable logic controller、PLC)は、
リレー回路の代替装置として開発された制御装置で、
プログラマブルコントローラとも呼ばれます。 工場の機械の制御などに使われるほか、
エレベータや自動ドアや身近な機械にもごく普通に使われています。
一般的にシーケンサとも呼ばれるが、PLCの意味でいう「シーケンサ」という単語は
三菱電機の登録商標です。


シーケンス
制御工学におけるシークエンスとは、シーケンス制御のことであり、
「あらかじめ定められた順序または手続きに従って制御の各段階を
逐次進めていく制御」と日本工業規格(JIS)に定義されている。
厨房器具の修理をする人の間ではICの使われていない自動制御や、
回路図のことを一括してシーケンスと呼ぶこともあります。


シーズヒーター
金属パイプ内部に発熱体を設置し、発熱体と金属パイプを絶縁粉末により
絶縁した構造を取ったヒーター。

シーズヒーター


電熱器具では、よく使われているヒーターです。
水や油の加熱に使うヒーターの場合は、空焚きすると、
パンクしてしまって使えなくなることがあります。


シーマリング
加熱調理のウエットクッキングのひとつ。
シチューなどの煮込み料理とスープストック抽出の2通りの方法がある。


シール
シール(英 seal)は、機械や装置において液体や気体が外部に漏れないようにする
部品や素材の総称。外部のごみや異物が内部に侵入するのを防ぐ働きもする。
軸部の漏れを防ぐものとして、オイルシールや、メカニカルシールがあります。
現代のシールは固定用途に使われるガスケットと、
運動部分・可動部分に使用されるパッキンに分類される。
シールに使われる素材は、温度・圧力・耐性などの条件に応じて
単独や組み合わせて使用される。


シールテープ
シールテープ(英: seal tape)は、テープ状のシール材。
JIS名称は、「シール用四ふっ化エチレン樹脂未焼成テープ(生テープ)」(JIS K 6885)。
シールテープの材質はテフロン(ポリテトラフルオロエチレン)。
シールテープは、水道管や空気管など、液体や気体を導く配管の接続部分等に生じた
すき間を埋めるために使用されるシール材である。
配管の接続部分は互いにねじが切られており、
それらをかみ合わせることで接続を果たしている。
しかし、接続箇所のねじ切りを完全に整合させることは難しく、
ここにわずかなすき間が生まれる。
このすき間は液体や気体にとっては容易に通過できるものであるため、
これを埋めておかないと漏水・漏気・漏油の原因となる。

薄いテープ状に加工しリールに巻かれた状態で販売されており、
テープ幅や巻き長により種類がある。
径の太い配管には幅の広いテープが適している。
ホームセンターなどで水道配管補修材として入手できるほか、
配管継ぎ手など、水道配管部品には少量ながら付属している場合もある。

シールテープ


シールド線
心線の周りを静電シールドで覆った構造のもの。
心線には、単心・多心・ツイストペアなどがある。
シールドにはバラ線のもの、編組したもの、
アルミテープ巻きのものなどがある。


シールドベローズ
ベローズは、蛇腹の意味。シールドベローズは密閉されたベローズということで、
厨房に関連するのは、サーモスタットのベローズ。
ガスまたは液が入ったベローズが密閉されているために、
温度の上昇とともに、ベローズが伸びて、接点か弁を動かします。

シールドベローズ001

参考
サーモスタット


JIA
財団法人日本ガス機器検査協会 (JIA:Japan Gas Appliances Inspection Association)。
客観的・中立的な第三者認証機関として、ガス機器、ガス警報器、燃料電池等の
検査・認証、水道に接続される給水装置の検査・認証、ガス工作物使用前検査、
LCAに基づく環境製品評価、森林認証、土壌汚染調査、ISO審査登録、
ガス主任技術者試験事務、ガス機器設置スペシャリスト等の教育講習、
書籍出版、ガスの安全に関する行政機関等からの受託事業、
国際化への対応・海外認証機関との協力等を行っています。
ガス機器設置スペシャリスト[GSS]、ガス可とう管接続工事監督者講習、
簡易内管施工士資格取得講習などガスに関る資格の講習や認定も行っています。
主務官庁は、経済産業省。
書籍 「ガス機器の設置基準及び実務指針」は、ここで販売されています。

JIAマーク
財団法人日本ガス機器検査協会


JET
電気製品の安全認証制度。第三者認証機関。
JETが技術基準の適合確認等を行い、客観的、かつ公平であると
証明された商品にはエスマークが表示される。

エスマーク



JFEA基準
(社)日本厨房工業会の定める標準。
現在は、台・シンク・戸棚などの板金製品と
グリス除去装置に関する基準が定められており、検査を実施している。

JFEA認定ラベル


JFEA基準の認定マークです。
グリスフィルターなどに貼られていることがあります。


シェイカー
シェイカー または シェーカー(英:shaker)は、カクテルなどを作るための器具。
金属、とくにステンレスで出来ていることが多い。稀にガラスや陶製のものもある。
カクテルのうち、混ざりにくい材料(比重が違いすぎる酒同士や、鶏卵、牛乳、ジュースなど)を
撹拌する場合や、アルコール度数が高すぎる酒を空気と混ぜ合わせまろやかにしたり
(「酒のカドを取る」と言う)、また氷とともに飲料を急速に冷やすために使う。

シェーカー001


シェイク
英語で振る、振動(させる)といった意味。


JW Cad
キャドの種類のひとつです。
フリーソフトですが使い勝手がいいので、多くの人に使われていました。
現在では、JWW(JWCad for Windows)を使っている人が多いのですが、
Dos/V のJWCも公開はされています。

JWC ダウンロードページ


JWW
JW Cad for Windows。JW Cadのウインドウズ版です。
こちらもフリーソフトですが、どんどん進化しています。
最初は少しとっつきにくいですが、使い方を覚えたら、とても便利なソフトです。

JWCad画面

最初は、JWCとほとんど変わらない使い勝手でしたが、
現在のバージョンでしたら、画像も貼り付けられるし、
ソリッド図形を使った色づけなどもできます。
文字のfontや、線色も充実しています。

Jw_cad for Windows6.01 ダウンロードページ


JV方式
ジョイントベンチャー。共同請負。
2業者以上が共同して一つのプロジェクトを請負い完工する方式。


ジェラート
ジェラート(Gelato)はイタリア語で「凍った」と言う意味の名前がついた氷菓。
果汁、果肉、牛乳、砂糖、時にはコーヒーや香草などを混ぜた物を凍らせて作る。
一般的なアイスクリームと比べて空気含有量が
35%未満と少な密度が濃く味にコクがある。
また、乳脂肪分は4~8%で一般的なアイスクリームの約半分であり比較的低カロリー。
日本ジェラート協会HP


シェルパ
食器洗浄機のメーカーです。アンダーカウンターの、上扉の開くタイプは、
かつては、シェルパの独壇場でした。
和食器の洗浄を考えて作られていたので洗浄力もなかなかのものでした。

シェルパ洗浄機


シェルフ
棚のこと。
エレクターシェルフが有名。
ラックシェルフ、オーバーシェルフなど種類は多い。

エレクターシェルフ


厨房器具も横文字の表記が増えています。
作業台=ワークテーブル
戸棚=キャビネット
棚=シェルフ
盛付台=デシャップテーブル
洗浄機=ウォッシャー

エレクターHP


塩化ナトリウムを主な成分とし、海水の乾燥・岩塩の採掘によって生産される物質。
調味料として、また保存(塩漬け・塩蔵)などの目的で食品に使用されるほか、
ソーダ工業用・融氷雪用などにも使用される。
盛り塩
日本国内で飲食店など第三次産業の店舗入り口に塩を盛り付けておく慣習で、
客を集める縁起担ぎである。由来は西晋の武帝(司馬炎)の故事にある。
司馬炎は、自分の後宮に美女を多数住まわせており、
羊に引かせた車に乗って後宮を巡り、羊が立ち止まったところの女性と
一夜をともにすることにしていた。あるとき数日続けて、同じ場所で羊が
足を止めることがあった。その理由は、その場所に住んでいる女が、
塩を盛り付けて置いたためであり、羊は塩を舐めるためにそこに立ち止まったという。

料理での塩は、振り塩、化粧塩、立て塩 など。
日本の塩 (社団法人日本塩工業会)


塩漬け
塩漬け(しおづけ)とは、古くから用いられてきた食べ物(特に腐敗してしまいやすい物)を、
長期保存のためや、味を付けるために食塩に漬けておいたもの、
または塩に漬けておく方法そのもの。


塩揉み
塩揉み(しおもみ)とは、調理法の一種で素材に塩をふり、揉み込むこと。
食材を揉み込むことによって、余分な水分を取りだし、
さらにその水分を搾ることにより脱水できる。
魚介類などは軽く揉むことで、ぬめりや臭みをとることができる。
他に塩揉みにする素材として、キャベツ、きゅうりなどがある。


塩茹で
塩茹で(しおゆで)とは調理法のひとつで、湯または水に塩を入れ、食材を茹でること。
葉もの野菜などは、沸騰した湯に少量の塩を入れることで沸点が上がり、
湯の温度を下げることもなく、色良く茹で上げることができる。
根菜等は水から塩を入れて茹でることで、均一に下味をつけることができる。
一部の野菜は塩を入れて茹でると、茹で上がった時にかたくなったり、
皺がよったりするので注意が必要。


紫外線方式
ここでは、ガス器具の燃焼安全装置を指します。紫外線方式は、燃焼炎から出ている
紫外線を紫外線光電管で検出して、フレームリレーを作動させて炎を検知します。
ボイラーや、工業用の炉などで使われますが、
厨房機器で使われることは、ほとんどありません。


シカゴピザファクトリー
シカゴピザファクトリーは、大阪府茨木市に本社をおく 株式会社シカゴピザが
経営する宅配ピザメーカー。 シカゴピザファクトリー、
シカゴデリータ、ボーノ!シカゴをチェーン展開している。

シカゴピザファクトリー001
シカゴピザファクトリーHP


直火焼
直火焼きとは、食材を直接火、もしくは高温の物体に近づけて、炙り、加熱、
調理する方法。主に魚類や肉類を串などで保持できるようにして、
塩や香辛料を振りかけて加熱する場合に使用されることが多い。
この方法を利用した主な料理は焼き鳥、ケバブ、焼き魚など。
直火焼きの場合、熱源となる燃料の違いによって、
炭火焼き(すみびやき)、ガス火焼き(がすびやき)、電気焼き(でんきやき)などと
呼び分けられる。串に刺した場合、串焼きと呼ばれることが多い。


磁器
磁器(じき)とは、高温で焼成されて吸水性がなく、叩いた時に金属音を発する
陶磁器を一般に指す。しかし西洋などでは陶器と区別されない事が多く、
両者の間には必ずしも厳密な境界が存在するわけではない。
素地が白くて透光性があり、機械的強さが高いという特徴がある。
また、焼成温度の高い硬質磁器と、比較的低温で焼成される軟質磁器に分けられる。


仕切弁
弁体が気体のまたは液体の通路を垂直に仕切って開閉する弁タイプのもの。
『仕切弁(ゲートバルブ)』、『ウェッジ仕切弁』、『パラレルスライド弁』などの
用語が定義されている。

仕切弁001
KITZ
バルブの構造や用途について書かれています。


軸受
軸受(じくうけ)とは機械要素のひとつで、回転や往復運動する相手部品に接して
荷重を受け、軸などを支持する部品。すべり軸受の「バビットメタル」、
転がり軸受「ボールベアリング」などがある。
社団法人日本ベアリング工業会


ジグソー
工具。鋸(のこぎり)の一種、糸鋸のこと。据え付け式の電動ジグソーもあり、
切断速度が速い。同様の物で、より加工性に優れたバンドソーもある。
刃が切れにくくなった場合、目立てや研ぎではなく、刃そのものの交換が可能で、
しかも短時間で済むため、便利である。初心者でも比較的簡単に扱えるが、
手荒く扱うと刃が折れやすいため、注意が必要。
また、通常の鋸より細かい加工が可能。
薄いステンレス板なら、ジグソーで加工が可能ですが、
熟練しないと真直ぐに切ることは難しいかもしれません。

ボッシュバッテリージグソー001
ボッシュ・イン・ジャパン


嗜好温度
喫食時に、おいしく感じる温度。
一般に嗜好温度は熱いもので60~70℃、
冷たい料理で6~15℃と言われているが、
年齢や個人の好みによって異なる。


指向性
指向性(しこうせい、directivity)とは、音、電波、光などが空間中に出力されるとき、
その強度が方向によって異なる性質のこと。
また、それらを電気信号等に変換するとき、その利得が方向によって異なる性質のこと。


仕事
物理学。仕事(しごと、英:Mechanical work) とは、物理学 (力学, 熱力学 ) において
物体に加えた力と、それによる物体の位置の変位の内積(スカラー積)によって
定義される物理量。熱と同様にエネルギーの移動形態の一つで、
MKS単位系での単位は N-m もしくはJ。


仕事率
仕事率(しごとりつ、Power)とは工率(こうりつ)やパワーとも呼び、
単位時間内にどれだけのエネルギーが使われているか(仕事が行われている)を
表す物理量である。工学用語では、動力と呼ばれることが多い。
仕事率と同等の概念として電力 (Electric power) がある。
電力は、以下のように電流と電圧の積で表すことができる。
 P=I×V  
このことからもわかるように、電気回路においてモーターなどで電力が消費されると、
それと同等の仕事率で別のエネルギーが生成される(仕事が行われる)。
これは、電気エネルギーと位置エネルギーや運動エネルギーの総量は
変化しないというエネルギー保存の法則によるものである。
国際単位系(SI)における仕事率の単位はワット(W) 。
1ワットは、1秒当たり1ジュール(J)の仕事率(ジュール毎秒(J/s))と定義されている。
逆にワットに時間の単位をかけたものはエネルギーの単位となる。
キロワット時(kWh)は主に電力会社の電気使用量の単位として用いられる。


自己保持回路
電気回路において、スイッチの操作で制御状態を継続させる回路。

自己保持回路


自助食器
心身機能・身体構造上の理由から、日常生活で困難を来している動作を、
可能な限り自分自身で容易に行えるように補助し、
日常生活をより快適に送るために、特別に工夫された道具を自助具と言う。
自助食器は、同様に通常の食器よりグリップを太くし握りやすくしたスプーンや、
スプーンでも食べやすい皿、握りやすいカップなどのこと。
福祉施設や病院向けに、様々な自助食器が作られています。


JIS
日本工業規格。工業標準化法に基づき、日本工業標準調査会の答申を受けて、
主務大臣が制定する工業標準。

JIS00128.jpg


JIS規格
日本工業規格


シスターン
膨張タンク。ボイラーなどの安全装置。加熱装置と急騰配管の全水量の
温度上昇による膨張率を吸収するもの。
開放型と密閉型があり密閉型は膨張管を立ち上げることが困難な場合に設ける。
金属製のタンク内にダイヤフラムやブラダ(膜式の袋)を内臓したものがある。


システムキッチン
流し台、調理台、コンロ台、収納庫、自動食器洗い機などの部材を
パーツとして組み合わせ、一枚板で製造されたテーブルトップを乗せた
一体構成の台所。構成選択の幅が広く、意匠的な統一感が図られるが、
部材の取替えは困難である。


磁性
磁性(じせい、magnetism)または、磁気(じき)とは、物理学で、
物質が他の物質に引力や斥力を及ぼす現象の一つ。
容易に分かるほど強い磁性を示す物質として、
鉄やある種の鋼、磁鉄鉱(天然磁石)といった鉱石などがよく知られている。


四川料理
四川料理(しせんりょうり)は、狭義には、中国四川省の郷土料理。
広義には、もともと四川省の一部であった重慶市の料理はもとより、
共通する特徴をもつ雲南省、貴州省などの料理をも含む、郷土料理の系統を指す。
四川料理は、一般には山椒(花椒)や唐辛子などの香辛料を効かせる
辛い中華料理として知られる。四川省成都を本場とする。
中国での一般的な呼称は「川菜 チュアンツァイ、Chuān cài」。
痺れるような辛さを意味する「麻辣(マーラー)」を味の中心にしており、
中国の他の地方の料理に比べて香辛料を多用する。
これは四川省や重慶市の湿度が高く夏と冬の寒暖の差の大きい気候が
関係しているとされる。地域性を反映し海産の食材は少なく、野菜、鳥獣肉、
穀類を主体としているが、近年は海産食材も徐々に取り入れられている。


下拵え
調理の前準備として食材に様々な加工を行うこと。
飲食店などで注文を受けてから調理完了までの時間を短縮するため、
途中まで調理しておくことも下拵えという。
具体的には野菜の皮むきや面取り、魚の内臓を外して身を下ろしたり、
スープや出汁をとること等を指す。食材の下茹で、油通し等も下拵えの一種。
下拵えのうち、肉のスジや余分な脂肪を取り除く作業を掃除すると表現する場合がある。
下調理機器、下処理機器などが活躍します。


下処理
調理操作を、非加熱調理操作、加熱操作、成分抽出操作、調味操作、保存操作、
配食・配膳操作に大別したときに、調理操作の振り洗い、すり洗い、もみ洗い、
まぜ洗い、浸漬、除去までの操作を下処理と言う。


下調理
調理操作を非加熱調理操作、加熱操作、成分抽出操作、調味操作、保存操作、
配食・配膳操作に大別したときに、調理操作の切裁、粉砕、濾過、混合、攪拌、
ゲル化の操作を下調理と言う。


シダックス
シダックス株式会社(SHiDAX CORPORATION)は外食産業、
学校給食・企業食堂の給食(コントラクト)事業を展開する持株会社。
1965年に東京都調布市に学校・企業食堂の給食事業を運営する
「冨士食品工業」(現・シダックスフードサービス)設立。
現在の主な業務は、外食産業等の子会社に対する、経営指導、
管理業務等の受託など、またカラオケも多くの店舗がある。

シダックスHP


下火式焼き物器
下火式グリラー。リンナイの焼物器が有名。
電気グリラーも多く出ている。電気では、ヒゴグリラーが有名。

ヒゴグリラー


ヒゴグリラーです。
この機械、異常に重たい機械です。
中を見れば、重さの理由も簡単にわかりますが。。

参考
下火式焼物器


七輪
木炭や豆炭、練炭を燃料に使用する調理用の炉。関西ではかんてきとも言う。
屋内で使用する場合には特に換気に注意しましょう。

七輪イソライト住機
株式会社イソライト住機


漆器
漆器(しっき)は、木や紙などに漆(うるし)を塗り重ねて作る工芸品。

漆器桜井漆器


実体配線図
電気回路図で、実際の機械の配線に合わせて書かれたもの。
線色なども書かれているため、配線を追いやすいが、
図面の大きさが決まっている場合には複雑で見難くなる場合もある。
電気工事の複線図みたいなもの。


湿度
湿度(しつど、humidity)とは大気中に含まれる水蒸気の量や割合を示す。
通常は相対湿度を意味する。相対湿度100%で大気中の水蒸気量が飽和となり、
結露を生じる。また、そのときの温度を露点温度という。
冷蔵庫の中の湿度は、冷却する対象によってコントロールが必要となる場合もあります。

ヒューミアイ
鷺宮製作所


自動給水弁
水冷の冷凍機で、高圧側の圧力に合わせて凝縮器の水量を調整する部品。
壊れた場合には水が通らずに高圧の圧力が上がってしまうか、
機械停止時にも水が出続けて消費水量が多くなったりする。
日産製氷能力200kg程度の水冷機の場合は、ほとんどが上水道を使って、
二重管凝縮器の冷却だけに水が使われるため、自動給水弁以降の排水を
シンクなどに接続すれば節水になる。ただしバルブは取付けてはいけない。

自動給水弁上001

通常は、二重管凝縮器の出口側に取り付けられます。
入口側につけると、二重管凝縮器の内部が水で満たされない場合があります。


品川工業所
食品機械、厨房機器のメーカー。本社は、奈良県磯城郡田原本町。
セイロ蒸し器のサンキュウボイラーは厨房でよく使われている。

品川工業所サンキュウボイラーO型
株式会社 品川工業所


支那そば
ラーメン、中華そばのこと。昭和20年代まではラーメンは「支那そば」という
呼称が一般的で、「チャンそば」、「南京そば」、
あるいは単にそば、汁そばなどと呼ばれることもあった。



物体の表面が冷やされることで、空気中の水蒸気が昇華(固体化)し、
氷の結晶として堆積したもの。


霜取
デフロスト。冷蔵庫や、冷凍庫で冷却器についた霜を落とす工程。
霜取には、オフサイクル、ホットガス、ヒーター式のいずれかが用いられることが多い。
ほとんどの冷蔵庫類は、霜取り中は、『DF』の表示がされる。

参考
冷蔵庫の霜取


霜取終了サーモ
業務用冷蔵庫の霜取りの制御は現在ではICによる制御が多くなったが、
以前は、カムタイマーや24時間タイマーを使って制御するものが多かった。
霜のつき方は、使い方、内容物、設定温度によって変わるため、
霜取時にヒーターに通電させる時間は一定にはできない。
そのため、サーモスタットを使って、ヒーターの通電を止める仕組みとなっている。
ほとんどは、バイメタルを利用したもので冷却器の温度が一定の温度まで上がれば、
ヒーターへの通電を止めるようになっていた。

霜取り終了バイメタルサーモ00236

冷却器に取り付けられるため、袋に入った防水仕様になっています。
取り付け時に、間違っても袋から取り出してはいけません。


シャープ
シャープ株式会社(Sharp Corporation、旧社名 早川電機工業)は
大阪府大阪市阿倍野区長池町に本社を構える総合家電メーカー。
電子レンジなどを中心に業務用の機器も製造しています。
現在では、業務用マイクロ波炊飯器が注目されています。
金属製繰出鉛筆(早川式繰出鉛筆)、いわゆるシャープペンシルを開発後、
シャープペンシルという商品名から現在の社名になっています。

シャープ業務用マイクロ波炊飯器
マイクロ波炊飯器加熱原理

シャープのHPに、マイクロ波炊飯器に関しての説明があります。
いろいろと興味のある製品です。

シャープ株式会社HP


社員食堂
社食(しゃしょく)とも略される、企業などの給食施設。
近年は、カフェテリア方式を採用したりするなどして、質の改善を図る企業が増えている。
また、会計の効率化を図るために、キャッシュレス方式を採用したり、
食器にRFIDを埋め込み即時に料金計算を行うなど、種々の工夫を図る企業も現れている。
食堂の運営は、設置する企業の一部門が間接部門として行うことがあるものの、
外食業者が社員食堂を受託するコントラクトフードサービス契約による運営に移行しつつある。



単位。(10/33) m(約30.3cm)。
冷蔵庫などは、今でも間口が尺寸で表される場合があります。
4尺といえば、約1200mm。
一部のメーカーの型式の表記も尺寸で表している場合があります。
2尺=約600mm、3尺=約900mm、4尺=約1200mm、5尺=約1500mm、6尺=約1800mmです。


杓子
しゃもじのこと。しゃもじ(杓文字)は、主に飯を炊飯器・おひつなどから
食器にとりわけるために用いる道具。寿司飯に酢を混ぜ込んだり、
混ぜご飯にかやくを混ぜ込む時などにも用いられる。


蛇口
蛇口(じゃぐち)は水道水などの液体を運ぶ管の出口部分、あるいはその部分の器具のこと。
液体の流れの開閉や流量を調整する栓(バルブ)がついている。
水用のものは水栓、もしくはカランともいう。


尺度
厨房製図の縮小の割合を指します。
1/30、1/50、1/100 などが平面図ではよく使われます。
単品図では、1/10 程度のものが多いようです。


ジャッキ
ジャッキ(Jack)とは、対象物の下に置かれてその物を支えたり、
持ち上げるために使われる機械装置。日本語では
扛重機(こうじゅうき)というが、大抵はそのままカタカナで「ジャッキ」と
呼ばれることが多い。自動車のタイヤ交換ばかりでなく、
うまく活用すれば厨房機器の修理にも使えます。

パンタグラフジャッキ
回転釜の回転グランドや、ウォームギア交換の場合などには、
一人分以上の働きをしてくれる場合もあります。
そのままだと、使い辛い場合もあるので、
木材を利用するなど工夫して使いましょう。
安全面には、特に注意が必要です。


しゃぶしゃぶ
ごく薄く切った肉を、食卓の専用鍋に煮え立たせた湯に数回くぐらせ加熱し、
野菜・豆腐・葛切りなどの食材を煮込んだものと共に、タレにつけて食べる
日本の鍋料理。タレはゴマダレとポン酢が一般的。
「しゃぶしゃぶ」の名称は、1952年(昭和27年)に大阪のスエヒロが、
自店の料理として出すときに命名したもので、これが始まりとされている。
しゃぶしゃぶ専用の調理鍋の中央にある柱状の突起は、
開発当時そこに炭を入れ鍋を加熱したという技術の名残。

しゃぶしゃぶ鍋001


しゃもじ
しゃもじ(杓文字)は、主に飯を炊飯器・おひつなどから食器にとりわけるために用いる道具。
寿司飯に酢を混ぜ込んだり、混ぜご飯にかやくを混ぜ込む時などにも用いられる。
日本の米(ジャポニカ米)の性質上、炊いた米(飯)は粘着性を持つためにしゃもじには
米粒がくっつきやすく、寿司飯を作る場合等に作業の妨げになる。
これがくっつかないようにするためにはあらかじめ木製のしゃもじを
水につけておくなどの対策が有効である。
合成樹脂製のものでは、米粒がくっつきにくいしゃもじが発売されている。
これは、へら部の表面に小さな突起を多数つけるという加工(エンボス加工)を
することにより、米粒との接触面積をできるだけ少なくし、
粘着しづらくするという工夫がされたもの。

しゃもじ001


JALホテルズ
株式会社JALホテルズ(ジャルホテルズ、JAL Hotels Co., Ltd.)は
1970年に、日本の航空会社である日本航空が出資して設立されたホテル運営会社。
JALホテルズHP


シャルルの法則
シャルルの法則 (Charles's law) とは圧力が一定のとき、
理想気体の体積は絶対温度に比例することを示した法則で、
1787年にジャック・シャルルが発見し、1802年に
ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサックによって初めて発表された。
シャルルの法則


シャワーシンク
カフェテリア方式の食堂で、使用済みの食器を喫食者が入れるためのシンク。
食器についた汚れを粗落としするためのシャワーを備える。
シャワーは、何らかのセンサーで、自動的に弁が開くようにしているものが多い。

シャワーシンク001
厨房設備工学入門にのっているシャワーシンクの例です。
多くの人が、まとまった時間に食器を返却する場合は、
間口が広いほうが使いやすいでしょう。
シンクではありますが、赤外線センサーや、循環ポンプ、電磁弁などが
使われるため、修理も発生する機械です。


上海料理
上海料理(しゃんはいりょうり、滬菜, 拼音: hù cài)とは、中華料理の代表的なものの一つ。
上海を中心とする江蘇省一帯では、俗に「魚米之郷」と称され、魚介類と農産物が豊富。
上海料理の源流は、寧波や揚州の料理であり、酒、醤油、黒酢などの醸造物が
ふんだんに使われるため、甘く濃厚な味が特徴。特に小籠包、上海蟹は代表的料理といえる。


周波数
電気振動(電磁波や振動電流)などの現象が
単位時間(ヘルツの場合は一秒)当たりに繰り返される回数。


18-8ステンレス
18%のCrと8%のNiを含むクロム・ニッケル(オーステナイト組織)のステンレス鋼。
SUS304 とも呼ばれる。ステンレス生産量の60%を超え、特に薄板材が多い。


18リットル缶
一斗缶のこと。尺貫法の単位で定められた一斗の容量を持つ缶。
厳密な容量は、一斗=十升(約18.039リットル)。
ただし現在では、18リットル入りとされている場合がほとんど。


ジュール
ジュール(joule, 記号:J)は、SIにおけるエネルギー、仕事、熱量、電力量の単位。
1 ジュール = 1 W · 1 s = 1 ワット秒 。


ジュールの法則
導体を直接電源と接続することによって起きる熱をジュール熱という。
ジュール熱によってその導体を加熱する方法を抵抗加熱という。
ジュール熱による発熱量は、導体の抵抗のみに依存する。
その値は、発熱量を P 電流を I 抵抗を R とした時、
P=I2R(W) で表される。
電流によって導体に発生する熱量はその抵抗 R と電流 I の2乗に比例する。
この関係を「ジュールの法則」という。


酒燗器
その名のとおり日本酒を温める機械。湯せん式のものと瞬間的に加熱するものがある。
湯せん式のものは、温めた湯に徳利を入れることで燗ができる。
瞬間式のものは、温めた湯の中に、らせん状のパイプを通し、
上から下に酒が通ってくる間に燗ができる。瞬間湯沸器と似た感じだが、
熱源は電気であることが多い。徳利に入る酒が一定の量になると
自動的に弁を閉じて酒を出さないようにする。これはタイマー式ではなく
水位センサーの原理を利用したものが多い。
乾杯商事、こうせい、タイジ、エイシン などが販売している。

乾杯商事酒燗器001


主調理
調理操作を、非加熱調理操作、加熱操作、成分抽出操作、調味操作、保存操作、
配食・配膳操作に大別したときに、加熱操作と、調味操作を主調理という。


出力
出力(しゅつりょく、英: output)は、何らかの対象から出る信号や力、
またその種類や大きさのこと。入力(インプット)の対としてアウトプットともいう。


受動素子
受動素子(じゅどうそし、Passive element、Passive component)は、
供給された電力を消費・蓄積・放出する素子で、増幅・整流などの
能動動作を行わないものを言う。一方、真空管、継電器(リレー)やトランジスタなど
入力信号として小さな電力、電圧または電流を入れて、大きな出力信号として電力、
電圧または電流の変化を得られる素子は
能動素子(のうどうそし、Active element、Active component)と呼ばれ、
その入力と出力の比率を利得という。
受動素子と電源とで構成された電気回路を受動回路という。
受動素子の例。
抵抗器、コンデンサ、コイル・リアクトル、トランス、圧電素子、水晶振動子など。


シュバンクバーナー
リンナイの赤外線バーナーの商標。
シュバンクという言葉が、あまり有名になったため
赤外線バーナーなら何でもシュバンクバーナーと呼ぶ人もいる。

下火式焼物器
リンナイの下火式焼物器です。
リンナイは、グリラーに強いメーカーです。
赤外線バーナーは、全一次空気のバーナーのため、
横置き、下向きなどの置き方ができます。
上火式焼物器にも、シュバンクバーナーが使われています。


循環ポンプ
ポンプの種類のひとつ。一般的には液体を循環させるためのポンプをいう。
循環ポンプ
製氷機、食器洗浄機などに使われています。


竣工検査
建築物の工事完成時に、設計図どおりにできているか
施主立会いのもとに設計者が検査すること。


純水
水から物理的または化学的な処理によって不純物を除去した、純度の高い水。


純水器
イオン交換樹脂、逆浸透膜(RO膜)を用いて水中のイオン成分を除去し、
純水を製造する装置。浄水器に比べると設備も大きくなり費用もかかるが、
浄水器以上に純度の高い水を抽出できる。

純水器一例


写真は、再生可能なイオン交換樹脂を利用した純水器です。
厨房で利用することは少ないかもしれませんが、
洗浄機用洗剤に水質調整剤が入っていない場合などには、
純水器を利用する場合もあります。


ジョイフル
株式会社ジョイフル(Joyfull Co., Ltd.)は、九州を中心に同名の
ファミリーレストランチェーンを展開する企業。
この『ジョイフル』は、コンビニよりもいち早く24時間営業を開始した。

ジョイフルロゴ
株式会社ジョイフルHP


松花堂弁当
松花堂弁当(しょうかどうべんとう)は、中に十字形の仕切りがあり、
縁の高いかぶせ蓋のある弁当箱を用いた弁当。
仕切りのそれぞれに刺身、焼き物、煮物、飯などを見栄え良く配置する。
盛り分様式としては、ごはんと数種類のおかずを組み合わせたものであり、
幕の内弁当に似ているとも言える。しかし源流は、幕の内弁当が本膳料理の
流れを汲むものであるのに対し、松花堂弁当は懐石料理の流れを汲むものであり、
歴史は大きく異なる。

松花堂弁当の例


蒸気トラップ
蒸気ボイラー配管の安全装置。蒸気配管で発生した凝縮水は、
そのまま残しているとスチームハンマーの原因などになるため、
凝縮水を蒸気から分離して排出させるためのものが、蒸気トラップ。

スチームトラップTLV
TLV.


蒸気発生機
ボイラーのこと。燃料を燃焼させて得た熱を水に伝え、水蒸気や温水に換える熱源機器。


蒸気ボイラ
給湯設備機器のひとつ。給湯用、暖房用、吸収式冷凍機を用いた
冷房用動力等の目的に使用される。厨房用としては、
病院、ホテル、給食センター等の大規模な施設で多く使用される。


焼結体
冷凍回路のドライヤーの中に含まれている場合がある。
焼結(しょうけつ、Sintering)は、固体粉末の集合体を融点よりも低い温度で
加熱すると固まって焼結体と呼ばれる緻密な物体になる現象。
焼成は、一般に焼結を目的とした加熱処理のことを指す。


仕様書
材料・製品・サービスが明確に満たさなければならない要求事項の
集まり(ASTMの定義)。仕様を記述した文書を仕様書と呼ぶ。


浄水器
水道水中に含まれる物質を除去する装置。
カートリッジ式のものが多いため、定期的に交換を行う必要がある。
詳しくは、
浄水器ってどんなもの
浄水器の規格と品質表示
(外部リンク)を確認してください。

料理の鉄人でも使われていた シーガルフォーのように、
不純物がフィルターに詰まってくれば水が出なくなるものでなければ、
一定時間以上たてば浄水機能はなくなっているということです。

シーガルフォー


写真は、シーガルフォーです。
クリプトスポリジウムも、通さないフィルターを使っています。
アメリカでは、兵士が携帯用の浄水器として、
野戦に出る時に持っていったとか。。


上水道
一般的には水道法による水道のことを指し、水道法による定義では
「導管およびその他の工作物により、水を人の飲用に適する水として
供給する施設の総体をいう」とされている。
下水道などと区別するために上水道と呼ばれることが多い。
水道法
水道水質データベース


消毒
消毒 (disinfection) は、対象物に存在している病原性のある微生物を、
その対象物を使用しても害のない程度まで減らすこと。
この手段として殺菌が行われることもあるが、殺菌せずに病原性を
消失させることにより消毒が達成されることもあるので、
殺菌や滅菌とは少し意味合いが異なる。


浄軟水器
カートリッジ式の軟水器。
イオン交換樹脂の含まれる量が少なく再生もできないため、
多くの水を使う器具には、適応しない。
硬度50mg/Lのとき軟水採水量が、2,000~3,000リットルのものが、
ほとんどなので、水を1日に100リッター使う器具では、
20~30日ごとにフィルターを交換しないと軟水では なくなっていることになる。


蒸発器
冷凍回路のひとつ。冷却器とも言われる。
ここで冷媒が蒸発しながら周囲の熱を奪う。


蒸発熱
液体が気体になる時に、温度は変化しないが一定量の熱が放出される。
この熱を、蒸発熱、または 気化熱と呼ぶ。


消費電力
電気回路において消費された電力のこと。
外部出力となった分以外の電力は、熱に変わるために、発熱の原因となる。


ショーケース
中が見える仕様のもの。冷蔵、温蔵、常温のものなど、いろいろとありますが、
基本的には中が見えるように扉や筐体がガラスやアクリルなどで作られています。
オープンショーケース、ホットショーケース、リーチインショーケースなど。


ショート
短絡(short circuit)のこと。電気製品で使われる言葉です。
詳しくは、『短絡』を参照してください。


ショートニング
食用油。温度が低くなると固形になるためラードと同様に、
フライヤーで使用する場合には、加熱時に空焚きにならないようにする必要がある。
ファーストフード店で、よく使われています。
外国製品では、ショートニングの利用を前提とした、
フライヤーもあるようです。


食材
料理の材料となる食品。一般に生鮮食品とよばれるものであり、
一旦でも調理されたものは加工食品と称される。


除霜
冷蔵庫などの霜取り。デフロスト。デジタルの7セグでは、『DF』と
表示されることが多い。以前の冷蔵庫類は、カムタイマーと、
バイメタルサーモを組み合わせた制御が、ほとんどだったが、
現在ではICによる制御が多い。

参考
冷蔵庫の霜取


ジョッキクーラー
生ビール用のジョッキ専用の冷凍庫。設定温度は-10℃ぐらい。
ショーケースのようなガラス扉の仕様となっているものもある。
食器洗浄機で洗い終わったジョッキをすぐに入れると
割れてしまうことがあるので注意が必要。
洗浄機で洗った後は、ジョッキは約80℃になっているため、
一度冷ましてからジョッキクーラーに入れる。

ジョッキクーラー
写真は、ホシザキ のジョッキクーラーです。


食器消毒保管庫
洗浄後の食器を熱で消毒保管するための機器。電気式、蒸気式、ガス式のものがある。
食器消毒保管庫の型式で使われる数字は、収納できるカゴ数を表していることが多い。
電気式の場合は、電気の使用量が多くなるため、学校給食などでは、
動力の基本料金をおさえることができるリレー式のものも使われる。
病院、施設、学校給食、社員食堂などには、必ず入っている。
一般に、85℃以上で1時間以上消毒する必要があるため消毒保管庫対応食器が必要。

食器消毒保管庫_明城製作所
写真は、明城製作所 の食器消毒保管庫。
以前は5カゴ以下のものは、ほとんど見かけませんでしたが
最近ではコンパクトなものも多くなっています。

参考
食器消毒保管庫


食器洗浄機
食器を洗うための機械。日本では、外国にくらべ普及は遅かったが
現在ではほとんどの厨房に装備されるようになった。
特に、小型機種に関しては国内の機種の開発が進んでいる。
少し前までは、外国製品も多く輸入されて使われていたが、
現在では国産のものが使われていることが多い。
洋食の食器は、形も一定になりがちだが、和食の食器は大きさ、形とも
様々なものがあるため、ラックを使う洗浄機を使う場合は重ならないように、
ラックに食器を入れるように注意する。
食器洗浄機用洗剤も、多くのメーカーから様々なものが売られているが、
濃度を適切にして使用しないと洗剤の残留などが起きる。

参考
食器洗浄機


食器棚
食器を収納しておくための棚。厨房では、ステンレス製のキャビネットを指すことが多い。
職種によっては、食器棚がひとつ以上ないと保健所の営業許可がおりない場合もある。
日本厨房工業会の規格では、戸棚付台(戸棚付テーブル)、戸棚、吊戸棚と規定されている。


ショックレス(水撃防止器)
給水・給湯本管ラインで発生するウォータハンマを吸収する配管部材。

水撃防止器



ジョナサン
株式会社すかいらーくの傘下企業、株式会社ジョナサン(Jonathan's co.,Ltd)が
運営する都市型ファミリーレストランチェーン。

ジョナサンロゴ
ジョナサン ホームページ


白絞油
白絞油(しらしめゆ)は菜種油を精製した油の商品名。
薄い黄色で揚げ油などに使用される。近年は大豆油、綿実油を精製したものも
白絞油として扱われることが多い。天ぷら油として市販されているものの多くは
白絞油である。料理店などで利用する業務用が主であり、
一斗缶などの形態で流通している場合がほとんど。
白絞油とサラダ油との違いは精製度の違いによる。
サラダ油は低温でも濁らないようにワックス分を除去するなど、
さらに精製度を高めている。

白絞油


シリカゲル
シリカゲル (silica gel) とは、メタケイ酸ナトリウム (Na2SiO3) の
水溶液を放置することによって生じる酸成分の加水分解で得られる
ケイ酸ゲルを脱水・乾燥したもの。多孔質構造を持ち表面積が広いため、
乾燥剤や触媒の担体として利用される。


シリコン
気密性や防水性の為施工される隙間を埋めるシリコン性の目地材を指すことが多い。
シーリング作業を、建築現場ではコーキングと呼ぶことが多いが、
この作業に使われるシーリング材をシリコンと呼んでいる。

シリコン



シリコングリス
熱伝導率を高めるために間に塗布する、有機ケイ素化合物重合体のグリス。

シリコングリス


厨房器具の修理で使うのは、SSRやインバーターの裏面の放熱板への塗付と、
差込式で密着させにくい温度センサーへの塗付ぐらいでしょう。
パソコンのCPUと、ヒートシンクの間に塗られていますので、
パソコンショップに行けば、少量のシリコングリスを買うことができます。


磁力
磁力は電荷の運動によって引き起こされる基本的な力。
磁力を支配する源や場の振る舞いはマクスウェル方程式で記述される。


白木屋
株式会社モンテローザが経営する居酒屋。居楽屋 白木屋 として
居酒屋とは少し違う新しい感覚の洋風居酒屋としている。

白木屋ロゴ
居楽屋 白木屋HP


シロッコファン
多翼ファン(シロッコファン) : 多数の小型の前向き羽根をもった筒と
整風器をくみ合わせた構造。小型・軽量・安価であるため広く使用されている。
効率は50~70%とやや低い。強度が小さいため低速回転で用いられる。
強制吸気用のファンや、無煙ロースターのファン、または厨房排気用の
ファンとしても使われている場合があります。

シロッコファン
シロッコファン厨房用ミツビシ


シンガーハッピージャパン
株式会社シンガーハッピージャパン。主に野菜の下調理用の機械を販売している。
キャベツー、ジャンボキャベツー、オロシー、ネギーなど、
機能そのままのネーミングもおもしろい。本社は、東京都台東区。
ハッピー工業の国内販売会社。以前は、発売元はトウキョウハッピーでした。

シンガーハッピージャパンキンピラー
株式会社シンガーハッピージャパン


シンク
台所の流しの水槽。Sink。
業務用で使用されるシンクには、多くの種類があります。
1槽シンク、2槽シンク、3槽シンク、台付シンク、水切付シンク、
ソイルドシンク、舟形シンクなど。
また用途によって、パンシンクなどのように呼び名が変わるものもあります。

舟形シンク001
株式会社 東製作所


真空管
真空管(しんくうかん)は、整流、発振、変調、検波、増幅などを行うために
用いる電気、電子回路用の素子。現在、一般的な電気電子回路において
汎用的(整流、変調、検波、増幅など)に用いる目的の素子としては、
多くが半導体に置き換えられ、真空管はその役割をほぼ終えている。
しかし、特殊な真空管の一種であるマグネトロンは、強力なマイクロ波の
発生源として、電子レンジやレーダーなどに使われ、現在でも大量生産されている。


真空調理法
真空調理法(しんくうちょうりほう、フランス語:cuisson sous-vide)は、
1979年にフランスでジョルジュ・プラリュによりフォアグラのテリーヌの調理のため
開発された調理法のひとつ。「焼く」「蒸す」「煮る」に次ぐ、第四の調理法とも呼ばれる。
英語ではVacuum packed pouch cookingと表記する。
生あるいは焼き目をつけるなどの下処理を施した食材と調味液をフィルム袋に
入れて真空密封し、TT(temparature time)管理の出来る調理器で材料に応じた
時間と温度設定をして調理される。最高でも100℃を超えることはない。
加熱後に急速冷却する必要があるが、これは細菌の増殖を抑えて、
食中毒を防ぐためである。90分以内に3℃以下にすることが必要とされる。
冷却後、冷蔵庫などでの冷蔵保存、もしくは冷凍保存されたものは
必要に応じて湯煎や電子レンジ、スチームコンベクションなどで再加熱して供する。
真空パック中で調理、調味が行われるため、材料の風味や旨味を逃さず均一に
調理することが可能。空気は、水より熱の伝導率が悪いため、真空にすることにより
熱の伝導率が向上するからである。また浸透圧により少ない量の調味液が
均等に浸透する、低温で長時間加熱することにより、肉類なども柔らかく仕上げることが
できるなどの利点がある。これは、タンパク質の分水作用温度が68℃であることによる。
タンパク質は、63℃から凝固を始め、68℃から水分を分離し始める。
真空調理法の特徴は、この分水作用が始まる温度以下で調理可能なことである。
真空調理法は、別名“低温調理”とも呼ばれる。
日本国内では、セントラルキッチン方式を採るファミリーレストラン、
居酒屋チェーン店が採用し広まった。調理の効率性や簡便さはもちろんのこと、
肉じゃがなどの時間が掛かる煮物料理を中心に、老舗料理店以上の
味が出せるとして味覚の点からも評価を得たためである。

真空包装機、ブラストチラー、スチームコンベクションオーブンなどが必要です。


真空包装機
フィルムのなかに商品を入れ、真空室内の減圧による空気の脱気、
開口部の接着を行なう包装機。もともとは、商品の包装、陳列用に
使われていたようだが、現在では真空調理法で必要な機器となっている。
主要な部品は真空ポンプ。小型機種は特にポンプの分解掃除には
時間がかかるため必ず定期的にオイル交換、フラッシングを行う必要がある。

古川真空包装機
株式会社 古川製作所
真空包装機は、食品ばかりではなく、布団などの包装用にも使われています。

参考
真空包装機


真空ポンプ
真空ポンプ(しんくうポンプ、バキュームポンプ Vacuum pump )とは、
容器内から気体を排出し、真空を得るためのポンプ。
1台で超高真空から大気圧までをカバーするのは非常に困難な為、
多くは粗引きポンプやメインポンプなどと組み合わせで使うが、
用途によって1台で済む場合は粗引き、メインなどの呼び分けはしない。
冷凍回路の真空引き、真空包装器などに使われています。

真空ポンプTASCO
タスコジャパン株式会社


真空冷却器
急速冷却のための機械。加熱された食品を減圧状態におくことで、
低い温度で食品内部に含まれている水分を蒸発させて蒸発に必要な
蒸発潜熱を食品自体から奪い急速に冷却する装置。

サムソン真空冷却機


シンコー
株式会社シンコー。組立式のステンレス製品のメーカーです。
本社は、奈良県奈良市。

株式会社シンコー


新コスモス電機株式会社
家庭用ガス警報器、携帯用ガス検知器、工業用ガス検知警報器、
火災警報器、ニオイセンサ等製品の研究、開発、製造、販売。
本社は、大阪市淀川区。一酸化炭素測定器なども販売しています。
新コスモス電機株式会社 HP


浸漬槽
食器洗浄作業において、洗浄機にかける前の食器を
一時的に漬け置きして、汚れを浮かせて落としやすくさせるための槽。
ソイルドテーブルとも呼ばれる場合がある。


シンダーコンクリート
防水などに用いる軽量のコンクリート。厨房の床仕上げで、
仕上げコンクリートの前にうつコンクリート。厨房施工時には
シンダーコンクリートをうつ前に、給排水などの立上がりを確認する必要があります。


人体動作
人の挙動、立ち居振る舞い、ある仕事をするさいの体の動きなどを指す。
動作空間である厨房の設計時にも人体動作と動線をよく考えなければならない。
「動作研究」は、その作業が人体動作として無理やムダがなくそれぞれの
目標を達成するには、いかにしたらよいかを分析することで、
今や「時間研究」とともに主として産業心理学の関心分野となっている。


振動ドリル
コンクリートなどに穴明けをするために使うドリル。
ラチェットの噛み合いで打撃する。1回で打撃する力が弱いため、
数多く打撃させて能率よく穴あけする。回転ドリルと切替式になっているものが多い。

ボッシュ振動ドリル


シンポ
シンポ株式会社。無煙ロースターのメーカー。本社は、名古屋市名東区。

シンポー無煙ロースター
シンポー株式会社


 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク