厨房で使われる用語 ナ行ーヌ

PR

厨房で使われる用語 ナ行ーヌ



糠(ぬか、Bran)とは、穀物を精白した際に出る
果皮、種皮、胚芽などの部分のことである。
日本では合成洗剤が普及するまで、
米糠は洗剤としても広く用いられていた。
米糠に含まれるγグロブリンというタンパク質が
界面活性剤の役割を果たしているとされている。
布袋に包んで、柱や床を磨き上げるなどの掃除にも利用された。
自然の材料でも掃除に生かせるものがあります。


ぬちマース
沖縄の塩。沖縄では命を、「ぬち」塩を、「マース」と呼んでいるらしい。
命の塩という意味になる。


布やすり
布に研磨用の砂粒がついたやすり。
紙やすりよりも丈夫。水研ぎも可能なものもある。

紙やすりと布やすり


部品などの掃除に必要です。
水位センサーや、ノズルなどを掃除する場合には、
種類の違うやすりを、いくつか用意しておきましょう。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク