モーター 単相誘導電動機の回転

PR


モーター 単相誘導電動機の回転

モーター、特に誘導電動機を回転させるには、三相誘導電動機、
三相モーターのほうが簡単であることは、前に説明しました。

参考
モーターに関する基礎的なこと

三相誘導電動機の回転に関しては、回転磁界の発生などが、
なんとなく、わかります。
三相の機種だけなら、話は簡単なのですが、
冷蔵庫、製氷機、食器洗浄機など、
単相100Vの機種も多く存在しています。
これらの機種にも誘導電動機が使われています。

コンデンサ
誘導電動機の場合は、回転磁界を発生させて回転させています。
三相の場合は、相が3つあるため、各相に電気を送れば回転します。
単相誘導電動機の場合は、相が一つしかありません。
そのため、そのままコイルに電気を流しても回転磁界は発生しません。
回転磁界を発生するために、単相誘導電動機には、
コンデンサが使われています。
コンデンサは、一次的に電気を貯めこんで、相をずらして放電します。

単相モーター

①のコイルには、②①の電気が流れ、
②のコイルには、②③の電気が流れるとすると、
回転磁界が発生します。

この時、配線①③間のコンデンサは、
常に同じ方向に相を進めるため、
コンセントなど電源を差し替えても、
回転は同じ向きになります。

コンデンサを内臓していないタイプのモーターなら、
コンデンサーのついた③の配線を、①から切り離して、
②に接続すれば、モーターを逆転させることができます。
このコンデンサを、運転コンデンサーと呼ぶことが多いようです。
起動用に、起動時のみに使われるコンデンサは、
起動コンデンサなどと呼ばれています。

このモーターも、三相誘導電動機と同じで、
回転数は、一定となります。
そのため、小型のモーターに関しては、DCファンや、
整流子を使ったモーターも多く使われはじめました。


 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク