メガテスター 2

PR


メガテスター 2

テスターや、メガテスターの使い方については
過去記事を参照してください。

参考
電気 テスターの使い方
メガテスター 使い方

今回は、テスターを2つ以上使って、実際のところを確認してみます。
過去に説明したように、テスターの抵抗測定の電圧は直流電圧です。
これは、マルチテスター、メガテスターともに共通しています。

そこで、実際のところは どういう測定をしているか、
テスターを使って確認してみました。
今回は、アナログの2レンジのメガテスターと、
デジタル・クランプメーター、デジタルハイテスターを使って実験しました。

まず、デジタル・クランプメーターの抵抗値の測定電圧です。

DSC04929.jpg

クランプメーターは、抵抗測定レンジに合わせて、マルチテスターは、
直流電圧の測定レンジに合わせています。
デジタル・マルチテスターにかかった電圧は、1.195Vです。
デジタル・クランプメーターは、抵抗の測定にDCで約2Vの電圧を使っています。



次に、デジタル・ハイ テスターの場合の抵抗測定です。

DSC04931.jpg

デジタル・ハイテスターは、抵抗測定モード、デジタル・クランプメーターは、
直流電圧測定モードに合わせています。

デジタル・クランプメーターでは、直流電圧が、DC0.3Vを示しています。
デジタル・ハイテスターは抵抗値の測定に、DC0.3Vを使っています。



次に、メガテスターです。
マルチレンジですので、それぞれの電圧を測定しました。

DSC04927.jpg
少し、暗くてみえにくいかもしれませんが、250Vモードでは、
277.5Vの電圧をかけています。

DSC04926.jpg
次に、500Vレンジでは、557.7Vの電圧をかけています。



過去に、アナログのマルチテスターで確認した時には、
抵抗測定レンジで、DC3V程度の電圧をかけていました。

でも、計測可能範囲は、kΩ程度が限界でした。

テスターに関してはデジタル化してから精密度が増したといえます。
さらに、専門的可も進みました。
ここで言えば、DC2.0Vで計測するクランプメーターより、
DC0.3Vで計測するマルチテスターの方が抵抗測定の精度が
高いのです。

用途に合ったテスターを上手に使いこなしましょう。

テスターが2つ以上あれば、いろいろな計測ができます。
テスターの使い方は、習うより慣れです。
多くの対象を計測していれば、法則や規則性も見つかります。
楽しみながら、修理を覚えましょう。



 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク