電気とテスターの使い方 その3

PR
前回は、テスターの直流電圧のレンジで、電気の単位を見ました。
今回も、その続きです。
わかっている人にとっては、こんなことは言うまでもないことですが、普通にテスターを持っていても、わかっていない人もいるかもしれせん。
実際に、レンジと表示された値の読み違えで余計な時間をかけたり、余計な部品を交換したりすることは十分にあり得る話なのです。
簡単な基礎的な話は、あと数回です。
確実に、覚えてしまいましょう。


teikou.jpg

今回は、抵抗のレンジを見てみましょう。
下から、200、2K、20K、200K、2M、となっています。
抵抗は、0Ω(オーム)に近いほど電気が流れやすくなっているということです。
仮に、1Ωの抵抗があったとしても、電気は簡単に流れます。
例えば単純なスイッチの測定をするときには、OFFで導通がなければ、ONの時に仮に1Ωや、2Ωの抵抗があったとしても、それが部品の不良につながったり、問題になることは、ほとんどありません。測定のちょっとしたことで、1Ωや2Ωの抵抗が出ても、おかしくない話です。そのため、小さい抵抗を精密に測定する必要性は、ほとんどありません。
テスターも、そのようにできています。
前回の、直流電圧の測定では、1V(ボルト)の1/1000の単位が出てきましたが、抵抗の測定でそんな細かな単位は必要ありません。
そのため、レンジも最小のレンジが、「200Ω」となっています。
このテスターの場合は、200Ωのレンジに合わせた場合は、199.9Ωまで表示されるようになっています。
テスターの性能にもよりますが、この場合は、0.1Ω単位まで計測できることになります。
ひとつ上のレンジは、「2KΩ」となっています。「2キロオーム」と呼びます。
1KΩ=1000Ω です。
つまり、2KΩは、2000Ω。このテスターでは、このレンジに合わせた場合には、1.999KΩまで測定できことになります。
換算すると、1999Ωまでとなるので、小数点以下の抵抗は測定できないということです。
次は、「20KΩ」です。この場合は、19.99KΩがマックスとなります。10Ω単位が最小目盛ということです。
このあたりの抵抗値になってくると、10Ω以下の値など誤差の範囲内といってもいいでしょう。
次が、「200KΩ」です。また、小数点の位置が変わります。マックスは、199.9Ωです。
換算すると、最小の目盛は、100Ωになります。
機械が絶縁されているかどうか、つまり、漏れ電流などがないか調べるためには抵抗値は高い値の計測が必要になる場合があります。
最後のレンジは、「2MΩ」、「2メガオーム」です。
電気の単位で、「M」と「m」は全く違う意味になるので、注意してください。
「M」は、「K」の1000倍ということになります。
1MΩは、1000kΩです。つまり、1000000Ωとなります。
前回、mV(ミリボルト)は、1/1000Vであることを書きました。
大文字「M」と、小文字「m」は、全く違った意味になってきます。
テスターのレンジを、「2MΩ」に合わせた場合に、このテスターでは、1.999MΩまで表示されます。
最小単位は、1KΩです。

アナログテスターも同じようにレンジと単位の意味がわからないと正しい計測はできません。
まず、ここまで整理して覚えてください。



 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク