電気とテスターの使い方 その13

PR
ここまで、いろいろな測定をしてきました。
テスターでも、抵抗、電圧、電流などを測定してみました。
この先は、LED(発光ダイオード)を使ってみましょう。
発光ダイオードは、電球ではなく、ダイオードです。
半導体ですので、使い方、状況によって、いろいろ変化します。
ヒーターとかのように、簡単に、オームの法則に当てはめることもできないのですが、この先、多くの機器で半導体も使われるようになってくるでしょう。接点を持つリレーに変わって、ソリッドステートリレー(SSR)が多く使われるようになりました。ソリッドステートリレーも半導体ですので、通常の接点を持つリレーとは違った面があります。


P1150702.jpg

LEDのライトも発売された当時は、そこそこ高いものでした。
今では、100円ショップにも売られています。
壊しても、惜しい金額ではなくなってきたので、教材としてもおもしろいかもしれません。


P1150703.jpg

LEDのライトの電池です。
上のものは、3灯LEDライトです。
乾電池は、単四乾電池1.5Vを直列に3本使っています。
1.5V+1.5V+1.5V ですので、4.5Vで供給されているかたちになります。

下のものは、9灯LEDライトです。
乾電池は、CR2025型3Vを2本、直列で使っています。
3V+3Vですので、6Vで本体に供給されている形になります。

LEDは、消費電力は極めて低くても発光します。
省エネの明かりとして使われているのも、そのあたりが理由です。
ものによって、違いはあるのですが、LEDの1灯あたりの定格は、3V程度のものが多いです。
そして、電流値は、20mA程度のものが多いと思います。

負荷(LED)が3灯で、電圧が4.5Vですので、LEDを3つ直列に接続すると、1灯あたり1.5Vしか印加できなくなります。
これでは、LEDは発光することができません。
負荷は、並列に接続されているはずです。

LED03.png

それでは、上の図のように接続されているのかというと、そうではありません。
LEDには、必ず電流制限のための抵抗が必要となります。

LED002.png

それでは、この図のように電流制限の抵抗を入れてLEDを並列に接続すればいいかというと、そういうものでもないのです。

クリップボード

おそらく、上の図のような配線になっていると思います。
このような配線にするには、LEDの特性も少し勉強する必要がありますが、LEDも安くなってきたので、実験しながら覚えていけば難しくはないでしょう。

P1150704.jpg

P1150705.jpg

3番目の図をブレッドボード上で作ってみると、上の写真のようになります。
マイナス側の配線を変化させていますが、上の写真、下の写真とも配線は同じです。




LEDは、1個当たり10円程度で購入できるようになりました。
抵抗は、安いものですが、9個のLEDを使って、しかも電池までついて、108円で売られているLEDライトはすごいと思います。おかげで、あまり費用をかけずに、このようなページを作れるのです。


こうやって、記事を進めていましたが、分解してみると、このライトは以下の回路でした。

LED03.png

さすが、108円(2015年1月現在)と感心しながら、以下、次号です。



 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク