電気とテスターの使い方 その15

PR
前回、LEDライトの様子をブレッドボード上で再現しましたが、光りすぎて見えにくいので絵にしました。

331.jpg

このブレッドボードの場合は、上下で分けられています。
上の段も下の段も同じ配列で回路がつながっています。

まず、+ から+、-から- と、図で言うと横にラインが並んでいます。
電源を接続すれば、極性もわかるので便利です。
次に、中央の穴は、縦に5つずつ接続されている状態で並んでいます。


335.jpg

LEDは2つ、並列に接続です。
赤と青の線は、ジャンパー線です。
乾電池の電源DC4.5Vを、赤の+ラインに+側、青の-ラインに-側を接続しています。
+のラインから、一番左の縦のラインに向ってジャンパー線で接続して、LEDのアノード側を接続。
縦のライン、2、3には何も接続しないで、4のラインにLEDのカソード側と、SW(スイッチ)の片側を接続。
左から、5、6、7、8、9、10の縦のラインには、何も接続しないで、
11のラインにSWの、片側と、ジャンパー線を接続、ジャンパー線を-の電源ラインに接続して完成です。

これで、SWのON-OFF で並列に接続されたLEDが光ります。

本来、LEDには電源制御用の抵抗をそれぞれのLEDに直列に接続するのですが、100円のライトでは、そこまでお金も手間もかけられないといったところでしょうか。

LEDは、電流を流しすぎたり、逆方向から流したりすると壊れてしまう場合があります。
また、極性があるため、アノード、カソードを正しい方向に接続しないと光ってくれません。
電源側の電圧が低くなっても光らないなどの特性がありますが、テスターも同じように決まりを守って使わなければ危険な場合もありますし、正しい測定値が得られない場合もあります。



 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク