減圧弁 給水用

PR


減圧弁 給水用

厨房器具に関しては、水を使う器具が多いことは、
以前にも、書きました。
給水の自動制御をする場合には、
水の圧力をある程度、保ってやる必要がある場合があります。
理由としては、給水のボールタップや電磁弁の保護、
または機械に入る水の量を多くしすぎないためなどです。

このような理由で、給水配管で、機械につながる直前で、
減圧弁が使われていることが多くあります。

給水用減圧弁


実はこれは、水が通らなくなってしまって、
捨てられていた減圧弁です。
ダイヤフラムを利用した一般的なものですので、
分解して中を確認してみました。


 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。


裏側給水電磁弁


裏返してみたところです。
水は写真の右側から入って、減圧されて左に抜けていきます。

注意書き


調整ネジの上に貼られていた注意書きです。
型式や、製造メーカー、仕様などがわかります。

水抜きとストレーナー


まずは、水抜き側を開いてみました。
本来ならストレーナーも出てきるのですが、
上で完全にひっかかって出てきません。

ストレーナー


少し無理に引き抜いたストレーナーです。
錆でめちゃ汚れている上に異物もいっぱいでした。
ちなみに、ストレーナーは定期的に掃除が必要な場所です。
配管の途中に減圧弁をつける場合には、
ストレーナーがついている機種でしたら、
ストレーナーのネジが外れる位置に配管しましょう。
水抜きやストレーナーは、工具なしでも、
ネジが回るように考えて作られていますが、
配管の場所が悪いと、なかなか掃除ができません。
また、新規に取り付けした場合には、
ストレーナーや水抜きのネジを一度回しておいて、
漏れない程度に締め付けておけば、
掃除の時に楽です。
ねじが、いっぱいに締まった状態でしたら、
配管してから回すのは手間になる場合があります。
たぶんストレーナーは逆止も兼ねていると思います。
写真のストレーナーは、後で掃除しました。

減圧弁側裏側


減圧弁側のネジも外しました。
10mmのネジで、上からの軸に締め付けられています。

上部分解写真


上部の調整ネジとバネを抜いて、カバーを外した状態です。
構造としては、ガスのガバナと似ているので、割愛します。
ガスのガバナについては、以下をご覧ください。
 ガバナ

ガスのガバナにも圧力制御の方法には、
いくつかの種類がありますが、水道用の減圧弁も、
種類によっては、ダイヤフラムの動きが反対のものもあります。

減圧弁機構


下から止めてあるナットもはずして、
減圧弁の部分を並べました。
軸やケースの部分の錆がひどくダイヤフラムから
つながる軸も、ほとんど動かなくなっていました。
ガスの圧力と比べると水道は何倍もの圧力がかかります。
ダイヤフラムも丈夫そうですし、バネも強くなっています。

ダイヤフラム裏側


ダイヤフラムの下側、水が通っていた部分です。
錆がひどくついています。しばらく通水していなかったか、
地下水を通していたのでは?と思ってしまいます。

掃除


軸の部分とケースの内側の錆を耐水ペーパーで
掃除してみました。ダイヤフラムの部分は動くようになりましたが、
おそらく水の圧力調整は変わったのではないでしょうか?
水圧計があれば測るのですが、今回はなかったので、
次の機会に測ってみたいと思います。

調整ネジ


調整済と書かれてある調整ネジです。
一応はずす前に合印を入れて、回数を数えてはずしました。
締め込めばバネがダイヤフラムを押し下げて、
二次圧が上がっていくようです。

組立


掃除できるところは掃除した後で組立完了です。
シールも元に戻しておきました。



減圧弁については、この減圧弁のメーカーでもある、
株式会社ヨシタケ様のページに詳しく書かれています。
配管の注意などは、一度読んでおいたほうがいいでしょう。

株式会社ヨシタケ

配管に際しての注意事項
・ 配管内の異物等が弁類に入らないように
  ストレーナを必ず取り付けて下さい。
・ 減圧弁、温度調整弁、トラップ類にはバイパス管を、設けて下さい。
・ 取り付け時には、レンチにて
  所定の位置をつかんで、配管してください。
・ 流れ方向に本体矢印方向を合わせて、取り付けて下さい。
・ 弁、過大な荷重が、加わらないように、配管等を支持して下さい。

株式会社ヨシタケ様のページ内の注意事項です。
器具の製造メーカーが機械に組み込んである場合でも、
完全には守られていないことが多いものです。
後付けの場合は、なるべく注意書きに従いましょう。
減圧弁は、水道の圧力を一定に保ってくれる便利なものですが、
動きが悪くなると機械に悪影響を与えてしまいます。
例えば、ストレーナーを詰らせてしまって、
水の流れが悪くなりすぎると、機械に必要な給水量以下の
水しか供給されなくなる場合もあります。
そのため、メンテナンスをする人は、
できるだけ減圧弁や手前に取り付けられたストレーナーにも、
注意を持って望んだほうがいいでしょう。
どうも給水量が少なすぎると感じる場合などは、
減圧弁のストレーナーの詰りの場合もありますし、
減圧弁自体が不良となっている場合もあります。

写真に撮り忘れたのですが、減圧弁にも気圧調整用の
穴が開いています。多くはケースのあたりでしょう。
バネと水圧が強いので、ガスのガバナほど顕著では
ないであろうと思われますが、穴がつぶれると、
ダイヤフラムの動きが悪くなると思われるので、
穴は、つぶさないように注意しましょう。
厨房器具の水の関係のトラブルは、多くあります。
特に排水が洗浄を兼ねているような、
通常では手の入りにくいタンクを備える機械の場合は、
一定以上の水圧で水が流れることで、
タンク内を清掃している場合もあります。
そのため、減圧弁などの、給水電磁弁以前のトラブルの場合は、
それに対処した後で、掃除なり部品交換なりをしないと、
同じようなトラブルが再発することにもなりかねません。
機械の外についていることが多いため、
見逃されやすい部品ですが、減圧弁や、浄水器なども、
汚れたり詰ったりした場合は、トラブルの元となることを
認識した上で修理に当たれば、給水系のトラブルの
原因究明のヒントになる場合もあります。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

感謝

貴重な写真入りの説明に感謝します。

急に電気温水器のシャワー、水道から出る水量が少なくなりました。
メーカーに聞くと、減圧弁の不良の可能性が高いです。
掃除してもだめなので交換で25000円かかるとのこと。

減圧弁の場所はわかるのですが、しくみがわからず困っていました。
このブログを見つけ、写真の通りねじを回して、取り出すとストレーナーが錆で汚れていました。
歯ブラシで掃除して、取り付けるともとの勢いのある水量に戻りました。

本当にたすかりました。
ありがとうございました。

大変参考になりました、こういうネタは普通の人にはわからないからなあ、こにまえフォークリフトのペーパライザーを交換してもらいそのことを仲間に言ったらそうですかで終わり、こういうことに普通の人は興味がないんですね。
PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク