ソリッドステートリレー (SSR)

PR


ソリッドステートリレー (SSR)

SSRomronG3NA


厨房の器具の自動制御に関するものは、
電磁リレーかマグネットスイッチが使われることがほとんどです。
現在でも、ほとんどの器具では、接点を持ったリレーなどが、
使われています。

ところが、一部の機種では、接点を持たない
ソリッドステートリレーが使われています。
半導体を使用したリレーですから、見えない部分が多いので、
詳しいことは、わかりませんが、簡単に
使われ方や、特性を考えてみましょう。

 
 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。



ソリッドステートリレー(SOLID-STATE RELAY)(SSR)は、
電子の移動を利用して、二点間に電気を流したり、
流さなかったりします。
働きとしては、接点を持つ電磁リレーや、マグネットスイッチと
同じようなものです。
接点を磁石で動かさないために、応答性がいいことや、
接点の劣化がないなどの特長があり、単にON-OFFの
制御用として利用されることもあるようです。
また接点が動かないために、動作音もありません。

厨房に関連する器具で、SSRが利用される場合は、
そのほとんどが、電熱器のヒーターの制御で、
利用されています。
SSRは、リレーで言うところのコイルにかける電圧を
変化させることで、移動させる電流を変化させることが
できるからです。

よく使われているものとしては、
パンを焼くためのデッキオーブンなどです。
デッキオーブンは、ほとんどがヒーターで加熱しています。
デッキオーブンのほとんどは、時間と温度を設定できるように
なっていますが、ほとんどの機種は火力の調整もついています。
この火力調整をしているのが、操作用の基板とSSRです。
基板からSSRに出力される電圧は、最大火力の時には、
SSRの信号(INPUT)側に最大の電圧をかけますが、
火力を下げていくごとに、INPUT側にかけられる電圧は、
減っていきます。
この時、ヒーターの電源側の端子(OUTPUT)の二点間の
抵抗は、INPUT側にかけられる電圧に比例して加減されます。
そのため、ヒーターの手前にクランプメーターをセットして、
電流値を測定すると、スイッチ操作で
電流が増減するのがわかります。

デッキオーブンには、3相200Vの電源が入っていますが、
ヒーターの制御は基本的には片切りですので、
このような制御が、なりたちます。

また、このSSRの特性を生かして、自動的に比例制御を
構成している機械もあります。
設定温度に対して、比例帯を作って、
比例帯に入れば出力を減少させはじめて、
設定温度に達する頃には、出力は0に近くなるように
制御しています。
通常のON-OFFの制御では、設定温度になるまで、
100%の出力で、加熱などをするため、
OFFになってからも、多少の温度の上昇がありました。
これを、オーバーシュートと言いますが、
この、オーバーシュートを少なくするためにも、
SSRを利用した比例制御は有効となるでしょう。

SSR2DC電圧INPUT


比例制御に使われるSSRです。
INPUTは、直流です。4V~15Vで動作します。


SSRの故障

電磁リレーのように接点がないだけに、見た目では故障の
判断がしにくいものですが、基本的には電気を通すか通さないか
を制御しているだけのものですので、
故障の判定は電磁リレーやマグネットスイッチと同じです。
ただし、稀に導通が出たり出なかったりする場合がありますので、
INPUTにかかる電圧を、きちんと確認した上で
判定することが大切です。

INPUTに最大の電圧がかかっているのに、導通がない場合や、
INPUTに電圧がかかっていないのに、ほとんど抵抗なく
導通がある場合は、SSRの故障と考えて、ほぼ間違いありません。

SSRは、熱には弱いようです。
交換時は、放熱に関する注意を守りましょう。
放熱板に塗布するグリスがついている場合は、
きちんとグリスを塗ってから取り付けましょう。

配線の取り付けは、すべての電気製品に言えることですが、
確実に配線しましょう。




SSRは、小型で容量の大きなものも出てきましたし、
価格も安くなっています。
これから、厨房に関連する器具にも多く使われるように
なっていくと考えられます。
特に、微妙な温度コントロールには必要な部品となっていくでしょう。
修理に携わっていても、まだ目にする機会は少ないかもしれませんが、
少しづつ増えることは確実ですので、少しづつ勉強しておきましょう。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク