交流 建物内配電の話

PR


交流 建物内配電の話

厨房器具で使用される器具の電源は、
単相100V・単相200V・三相200Vの3種類がほとんどです。
建物内の配電について、基礎的なことを覚えておきましょう。

屋内配線の図単相と三相


厨房内の入ってきている電気の主な回路です。
左が単相式です。
単相式には、2線式もありますが、
現在では、ほとんど使われていません。
左の図の A-B か、 B-C の配線のみが引き込まれているのが、
単相2線式の配線です。

これは、最初に入ったブレーカーのところの配線です。
単相3線式の場合は、おおもとに漏電ブレーカーを備えて、
この先で各安全ブレーカーに配線されるのが一般的です。
その場合に、100Vが必要な回路には、A-B か B-C の、
どちらかを接続します。
この接続をされた電気は、単相100Vです。 200Vが必要な回路には、A-C を接続します。
A-C間で接続された電気は、単相200Vです。
上記の組み合わせで使われる電気は、電灯とも呼ばれます。

次に、右の図です。
こちらは、それぞれの線間に、200Vが、かかっています。
2線間をとれば、どの2線間でも、単相200Vはとれますが、
通常は、三相で利用するのが原則となっています。
こちらは、三相200Vです。
動力とも呼ばれています。

単相100V(1φ100V)
線間の電圧は、100Vです。
通常の家庭用の器具にも使われる電気です。
片側は、中性線ですので活線ではありません。
建物のコンセントをよく見ると、左右で穴の長さが違います。
左の差込口の方が長くなっています。
通常は左が中性線がわです。
ほとんどの器具は、プラグをコンセントに差し込んで利用します。
厨房器具では、
小型の冷蔵庫
小型の製氷機
小型の電気コンロ
後方の調理機器
ガスが熱源の大型機器の制御用
小型の食器洗浄機
などなど、よく使われている電源です。

注意点としては、コンセントにプラグを差し込む
方式のため、コンセントや屋内配線の
許容量以上に、器具を接続しないように気をつけてください。
通常のコンセントの容量は、15A(アンペア)ですが、
厨房器具の場合は、ひとつの器具で10A以上のものが
多数あります。そのため、二口のコンセントに、
ふたつの器具をつなげただけでも、
容量を越えてしまうこともあるのです。
ちょくちょくブレーカーが落ちる場合などは、
モーターの起動時などに、容量不足を起こしている
ことが考えられます。単相回路の増設は、
費用も高くないので、回路の増設なども考えましょう。
器具の消費電力が1.0kw/h(1,000w/h)以上のものは、
できるだけ単独のコンセントを使いましょう。

単相200V(1φ200V)
線間の電圧は、200Vです。
単相200Vの器具の場合は、単相100Vの器具と違って、
コンセントを使用する場合も、単独で使っていることが
ほとんどです。
厨房器具では、
電子レンジ
電磁調理器
電気コンロ
中型の電気フライヤ
コーヒーマシーン
保温器具
などに使われています。
外国製の機械の場合は、単相200Vの器具も多くあります。
外国の場合は、もともとの電圧が日本より若干高いことが多く、
220V~240Vの電圧を定格として作られたものが多くなっています。
そのため、日本で使用する場合は、電流値が高くなりがちです。

三相200V(3φ200V)
動力と呼ばれる電気です。
誘導電動機の場合は、電気を流すだけで
回転させることが可能ですから、
厨房器具にも、多く使われています。
食器洗浄機
大型の冷蔵庫
大型の製氷機
電気コンロ
電熱調理機器
他にも、いろいろと使われています。
この電気の場合は、三相が接続されていることが必要です。
一線が接続されない欠相状態では、正常に動作しません。
また、誘導電動機(モータの一部)の場合には、
電気の流れる順番によって、逆回転することがあります。
これを、「逆相」と言いますが、ポンプなどを
利用している食器洗浄機などの場合には、
相の方向を試運転時に確認することが必要です。
配線を補修した場合などにも、注意しましょう。

実際の配線

高圧受電の場合は、少し違ってきますが、
通常は、屋外から引き込まれた電気は、最初に電力量計を通ります。
次に、電流制限器を通りますが、これは省略されている場合もあります。
次に、過負荷保護付漏電遮断器に入ります。
そこから、それぞれの配線用遮断器に分配されて、
コンセントなどに配線されています。

漏電遮断器


漏電遮断器の例です。
漏電遮断器の場合は、テストボタンがついています。
また、リセットボタンがついていることもあります。
もし、ブレーカーが落ちた場合は、一度OFF側にしてから
ON にしないと、入らない機種が多くなっています。
漏電によって落ちた場合は、スイッチの部分が、
完全に下まで下がらずに中間あたりで止まることが多いので、
よく確認してみましょう。
器具のそれぞえに漏電遮断器がなく、配線用遮断器にも
漏電遮断器が備えられていない場合は、回路のどこが、
漏電しても、このブレーカーが落ちます。
それぞれの配線用遮断を落とした状態から、
ひとつひとつ配線用遮断器を ON にしていけば、
どの回路で漏電を起こしているか確認できます。

配線用遮断器


配線用遮断機の例です。
こちらは、配線に対して過電流が流れた場合に落ちます。
単相100Vの場合は、よこある例としては、
タコ足配線などで電気の消費量が上がってしまった場合などです。
最近では、少し大きい施設では、配線遮断器にも、
漏電遮断器の機能を内臓したものが多く使われています。

三相200Vの場合も、基本的な配線は、同じです。




「ブレーカーが落ちる。」とのコールは、
修理に関わっていると、よくある話です。
落ちたブレーカーを確認することで、
過電流によって落ちたものか、
漏電によって落ちたものか確認できます。
過電流によってブレーカーが落ちている場合は、
器具単体の電流値の測定で、解決できます。
実際に過電流が流れている場合は、
部品の交換などの処置が必要ですが、
ほとんどの場合は、電気容量以上の電気の使用によるものです。

次に、漏電の場合は、漏電している機械を特定することが大切です。
動作時にしか通電しない部品に関しては、
単体で確認することも忘れないようにしましょう。
例えば、洗浄機などでしたら、
モーター類(ポンプやコンベアモータなど)と、
加熱するヒーター類、また、洗剤供給装置などです。
制御部が不良の場合は、最初から漏電する事が多いのですが、
古い機種の場合は、そのままの電圧で制御部を
組んでいる場合もありますので、個々の機種によって違います。
絶縁抵抗の良否の判断は、
300V以下の場合で、単相2線式100V・単相3線式100/200Vの場合は、
絶縁抵抗値 0.1MΩ以上、三相3線式200Vの場合は、
絶縁抵抗値 0.2MΩ以上と定められていますが、
デジタルテスターで、「MΩ」まで測定できるものでしたら、
十分に測定可能です。
器具によっては、絶縁抵抗計(メガ・テスタ)の使用を
禁止している器具もありますので、注意してください。



 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク