軟水器 スケールについて

PR


軟水器 スケールについて

水には、いろいろな成分が溶け込んでいます。
硬水や、軟水と呼ばれるのも、溶け込んだ成分の違いからです。
それぞれ特長はあるのですが、ここでは機械に悪影響を与える
水について、簡単に考えていきましょう。

機械に悪影響を与える水
水は、水本来の成分でしたら、無味無臭のものです。
美味しい水、美味しくない水というのは、
水に何らかの成分が溶け込んでいるからです。
ちなみに、セル方式の製氷機で作った氷は、
ほとんど、水本来の成分のみを凍らせます。
この氷を溶かせば、本来の水の成分に近い水になります。

機械に悪影響を与えるのは、固まる成分を含んでいる水です。
厨房で使われる機械は、そのほとんどが、加熱か冷却かです。
特に、加熱時には、水の成分は蒸発しますが、
その他の成分は、一緒に蒸発しないものがあり、
機械や、配管内に貯まったり、固まったりします。
これらの成分は、硬水の中に多く含まれています。

硬水とは 簡単に言ってしまえば、カルシウム、マグネシウムを、
多く含んでいる水です。
電気ポットの内側に白く固まった成分ができますが、
これらは、水の中の、カルシウム、マグネシウムなどが、
加熱されることによって、残ったものです。
これらの残留物を、スケールと呼びます。

これらの成分は、温度が低い時や、水分中に溶けて
流れている時は、問題はありませんが、
温度等の変化で濃縮・析出されると結晶化して
配管や機器の内面に付着し始めます。
この成分は、地域によって異なります。

スケールのつきやすい機器
冷機器では、あまり影響はありませんが、
製氷機と、クーリングタワーでは、影響があります。
熱機器に関しては、水を沸かす機器のほとんどが、影響されます。
・蒸し器
・スチームコンベクションオーブン
・ゆで麺器
・湯煎
・ウォーマ
・食器洗浄機
・シスタンク
           など

特に火力が強い機械ほど影響は大きくなります。
また、目で見える部分に関しては、掃除もやりやすいのですが、
蒸し器や、スチームコンベクションオーブンのタンクなど、
目に触れない部分につくスケールは、厄介です。
知らぬ間に蓄積して、最悪の場合は機械を壊してしまいます。

スケールの影響
配管を詰らせることが、ひとつです。
機械に必要な量の水などが供給できなくなります。
そのため、クーリングタワーの配管などは、
定期的な掃除が必要になってきます。
熱機器に関しては、空焚きに近い状態になってしまいます。
特に、ヒートパイプの部分などに、スケールが詰ってしまうと、
その部分には、水が流れなくなるため、
ヒートパイプは異常な高温にさらされてしまいます。
最終的には、ヒートパイプが熱によって破れたり、
同じような理由で、ヒーターの絶縁部分が破れたりします。

スケールによる悪影響が出た場合は、
修理代も高額になってしまいます。
できる予防を心がけましょう。

スケールをつけないために

スケールを成長させないためには、機器の排水作業が重要です。
特に、沸かした湯を、そのままの状態でおくのは良くありません。
取扱説明書にしたがって、使用後の排水をきちんとしましょう。

給水される水から、カルシウムやマグネシウムを、
取ってくれるものが、軟水器です。
これは、小型のものでカートリッジタイプのものから、
自動の大型のものまであります。
軟水器は、イオン交換樹脂を利用して、カルシウムや、
マグネシウムを吸着させています。
そのため、通水量はイオン交換樹脂の大きさによって
違ってきます。
フィルター式の場合は、通水量が、
2000~3000m3ぐらいのものが、多くなっています。
器具のタンクの大きさを考えて、大き目のものを使いましょう。
ただし、カートリッジの交換を忘れてしまったら、
まったく役にたたなくなってしまいます。
スチームコンベクションオーブンなどでしたら、
1日に1時間スチームを出しつづければ、
30L以上の水を消費すると思われます。
給水・排水を考えれば、50L近くになるかもしれません。
3000m3用のフィルタでも、100日は、もたないでしょう。
自動軟水器は、イオン交換樹脂についたカルシウム、
マグネシウム分を、塩を使って洗い流して再度、
イオン交換樹脂を使えるようにするものです。
こちらは、タイマーをセットしておけば、
勝手に再生作業をしてくれます。
塩を入れ忘れなければ、再生されています。
通水量は、いろいろありますが、
こちらも一定の期間がくれば
イオン交換樹脂の交換が必要です。

スケールについて、。簡単に説明しました。
機器のそれぞれの説明で悪影響の大きいものについて、
繰り返し考えていきましょう。
スケールに関しては、使う方の意識と、
機器の給排水配管、最初の取扱説明によって、
機器に与えられる影響は、かなり変わってきます。
厨房に携わる人は、スケールに関して、
多少の知識を持って対応していきたいものです。


 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク