冷蔵庫・冷凍庫の霜付 原因と対処

PR


冷蔵庫・冷凍庫の霜付

冷蔵庫・冷凍庫の霜付について考えてみましょう。

蒸発器アップのサービス画像


蒸発器(冷却器)は、写真のように、放熱面があって、
ファンなどで庫内の空気を循環させています。
そのため、ここに霜がついたままだと、
冷気の流れが悪くなって、冷却不良を起こしてしまいます。

霜取りに関しては、以下のページで説明してあります。

冷蔵庫の霜取

今回は、霜付の起こる原因とメンテナンスに関してです。



蒸発器(冷却器)と、庫内の温度に差があるため、
蒸発器に霜は、つきます。
今回、考えるのは、冷却不良となる霜付です。

考えられる外的要因
冷却器の温度が、低いため庫内の湿気が冷却器に、
集まってくることは、以前にも簡単に説明しました。
庫内より温度の高い外気が冷却器に集まっているなら、
多量の霜が冷却器についてしまいます。
この原因としては、
・扉の開放時間が長すぎる。
・扉のパッキン(ガスケット)の破れや不良により、
 外気が庫内に侵入している。
・扉が変形して、閉めたときにも隙間ができている。
・排水口から外気が入ってきている。
・気圧調整弁(ベンチレータ)の不良で、
 外気が入ってきている。

上記のような原因が考えられます。
いずれにしても外気が入らないようにすれば、
解決できる問題です。
現在では、冷蔵庫の本体は、
モノコックボディに近いものとなっています。
本体のレベルがきちんと取れていない場合に、
本体と扉の間に隙間ができて、時がたつほど、
隙間が広くなることも考えられます。
また、センターピラーのない機種が多くなっているため、
中央に隙間ができると、ここから外気が入ってしまいます。
気圧調整弁については、プレハブ式の冷凍庫ぐらいにしか、
ついていませんが、ここも外気を吸い込むので、
凍りついたりしていないか確認が必要です。
また、外気が以上に暑かったり、湿気が多い場合は、
設置場所そのものについて考える必要がある場合もあります。
排水口に関しては、詰りが気になるところですが、
外気を入れないためには、トラップとなっているほうが、
外気は入りにくくなります。

外気の侵入とは少し違いますが、
庫内に暑いものを入れたり、水を凍らせたりすることも、
霜付の原因となります。
ラップや、タッパーの活用をしたり、
暑いものは入れないようにしましょう。

機械的な原因

1.霜取りをしない
冷却運転はしても霜取に入らない場合は、タイマ・カムタイマの不良、
または、コントローラー(マイコン・基板)の不良が考えられます。
タイマ・カムタイマなどの場合は、強制的に回して、
動作を確認すれば、不良箇所は、わかるでしょう。
基板による制御の場合は、強制霜取ボタンを押すなどして、
動作を確認してみましょう。

2.霜取りに入るが霜取しない
この場合は、ヒータやホットガス弁の不良が考えられます。
ヒータを使っている場合は、バイメタルサーモや、
温度ヒューズが安全装置として使われていますので、
こちらの不良も疑ってみましょう。

3.霜取に入るが霜取しない内に霜取が終わる。
霜取できないうちに、すぐにヒータの通電が止まったり、
ホットガス弁が閉じてしまうのは、霜取終了サーモスタットや、
霜取終了サーミスタの不良が考えられます。
バイメタルサーモを使っているものが多くあります。
タイマや、コントローラー自体の不良は、あまりありません。
単に霜付が多すぎて霜取終了前にタイムアップする場合は、
外的要因などを参照に、霜付の原因を探してください。
オフサイクル式の霜取の場合は、庫内温度の設定が、
低すぎる場合にも、霜取が完全にできない場合があります。

冷却器のドレン配管が詰ってしまって、水が流れ出ない場合にも、
冷却運転に入るとすぐに冷却器周辺が凍りつく原因となります。
排水配管のゴミ詰り、ベルトヒータや、
ドレンパンヒータの不良などが考えられます。
プレハブ冷凍庫などで、少し大きな冷凍機を使っている場合ですが、
霜取りに入った時に、冷凍機を止めるために、
電磁弁を閉じて、ポンプダウンさせて低圧カットさせますが、
この時に、ロータリコンプレッサの場合などには、
逆止弁が働く必要のある場合があります。

この逆止弁が働かないと、低圧が一次下がっても、
圧が均一化されてきてしまうため、再び圧力スイッチが、
入ってしまって冷凍機が動いてしまうため、
霜取ができなくなってしまうことがあります。
メーカーによって、逆止弁は、コンプレッサー手前の
配管にある場合もありますので、注意しましょう。


以上、冷却不良になる霜付と不良原因の考え方です。


 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク