電子ジャー 感温リードスイッチ

PR


電子ジャー 感温リードスイッチ

業務用電子ジャー


ほとんどの厨房で、電子ジャーは使われています。
炊飯ジャーも、2升炊きぐらいまではありますが、
それ以上になると、炊飯器、ジャーは、別々になります。
米飯が主食の日本ですので、米に関連する機械は、
小さなものから大きなものまで、さまざまです。


 PR 


厨房用語
厨房で使われる用語を50音順に並べています。
厨房で使われる用語集



《ブログ内リンク》
ブログTOP
記事の目次
厨房用語
ブログパーツ


Google
 

『kitchen23.blog85.fc2.com』 チェックを入れれば、ブログ内検索ができます。

《注意》
器具の取扱い、メンテナンス、修理に関しては自己責任で行ってください。
この記事は、一般的な例に基づいて記述していますが、
個々の機械に関するものではありません。
記事の利用でいかなる不利益があっても、管理者は一切の責任を負いません。



一般家庭でも炊飯ジャーを使っていることもあって、
電子ジャーは、なじみのある商品です。
業務用にしても、スイッチとパイロットランプがついている
ぐらいで、使用に関して難しい点はありません。

修理があった場合も、ほとんどはコードやプラグの
接触不良などです。
本体を壁などに押しつけると、コードや接続部に
無理がかかって、接触不良となっている場合があります。
業務用の機種に関しては、ヒーターは2段階に制御
されていることが多いようです。
この制御には、感温リードスイッチというものが
使われている場合もあります。
感温リードスイッチ感温リードスイッチ


感温リードスイッチは、バイメタルサーモに似たような働きをします。
設定された一定の温度で、接点をON-OFF させます。
内部は近接スイッチにも似たような構造のようですが、
磁力を発揮するのは、小さなフェライト磁石と感温フェライトです。
これは、温度によって磁力を発揮したり失ったりします。

詳しくは、TDK テクノマガジン で解説されています。
参考にしてみてください。

TDK テクノマガジン 感温リードスイッチ



電子ジャーの他の使用部品は、安全装置として
温度ヒューズが使われています。
保温用にはヒーターが使われていますが、電気容量は、
3升用で最大で80w程度と小さなものです。
2段階程度の温度制御がされている機械が多いようです。

テーマ : 業務用厨房
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

ページランキング
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ドリー

Author:ドリー
1級厨房設備施工技能士
2級厨房設備士

ブログ内検索
プライバシーポリシー
「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に 使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

リンク